スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お詫びとお願い 

大変ご無沙汰しております。
今日こそは更新しているんじゃないか、とチェックしてくださっているかた
いらっしゃいましたらスミマセン


言い訳はしたくはありませんが
相変わらず忙しく、ブログまで手が回りませんでした。


なんだか間が抜けちゃったなぁ~・・もうやめようか・・
とも思いましたが、せっかく今までやってきたし

だから、心機一転、もう一度ブログを立ち上げなおすことにしました。
新たな気持ちで、また頑張っていこうと思っています。

そこで、新ブログについてですが
あえてこちらに紹介しないことをお詫びさせてください。
一度こちらのブログでパスワード制にさせていただきましたが
この記事はパスワード制にする、とか、しない、とか検討するのも大変なので
新ブログでは、思いきって裸の自分(本当の裸じゃありません)をさらけ出すことにしました。

ですので、やはり真剣に見ていただきたく
新ブログの方も、画面右上にある『ともだち申請』にてご連絡いただきたく思います。
第2弾のほうのご紹介をさせていただきたいと思います。
すでに申請していただいている方にはこちらからご連絡したいと思っていますので
引き続きこれからもよろしくしていただけたら嬉しいです。

まことに身勝手な最後となってしまいましたが
これからも我が家の様子を他のところで、おもしろおかしくご紹介できたら、と思っています。
今まで見てくださった方、ありがとうございました。
たくさんの方の応援やアドバイスのおかげで、子育てもなんとか頑張ってこられました。
ここに載せた全ての思いも、いとおしく、とてもありがたく思います。

これからも頑張りたいと思います。
ありがとうございました。m(._.)m

スポンサーサイト

再び、パスワード制のお知らせ 

最近、ちょこちょこと
プライベート記事について、パスワード制にさせていただいています。
そのことに関しまして、改めてのお知らせとお願いです。



むすこももう2歳半を過ぎ、人間性も確立しつつあります。
彼自身やお友達のプライバシーの問題もあり、親としてどこまで公開してよいものやら・・。
でも私としては、このブログは我が家の思い出としてやり始めたものなので
成長していくむすこの顔を載せない、というのは悲しい。
むすこのお友達のママ達は、写真を載せることを歓迎してくれてはいます。
でも私としてはちょっと心配というか申し訳ないというか。



だから、一応、ご連絡くださった方のみ公開する
という形をとらせていただきたいと思います。
今まで見てくださっていた方は、画面右上の『ともだち申請』にて
ご連絡くだされば、パスワードをお教えします。
その際は是非、コメントくださるようお願いいたします。
そのいただいたコメントを励みに頑張っていきたいと思っていますので
よろしくお願いいたします。

また、初めて遊びに来てくださった方
少しでも興味を持っていただけたなら
これまで過ごしてきた我が家の様子を過去記事でご覧になって
読んでみたいと思っていただけたなら是非
ともだち申請をお願いできたら嬉しいです。




ブログ仲間の方は、是非ともブロとも申請をお願いします。



私としては、裏表なく我が家のありのままの姿を記録に残したいと思っています。
このブログを通じ、沢山のかたのご意見やアドバイスをいただき
様々な想いを心から分かち合いたいと思っているので
これを機会に、さらに正直に自分と向き合い、本音のブログを目指したいと思っています。

一方的で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。 ((ノ(_ _ ノ)


*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

かしこく歳をとる 

またしばらくブログ更新できませんでした。

むすこの入院のあと、私がダウンしてしまいまして。

めまいと吐き気、そして頭痛
もう何日も薬を飲んでいるのにあまり良くならない。
目の奥が痛く、頭が重い。
普段、頭痛持ちではないので結構辛かったです。

血液検査の結果、白血球の数値が高く炎症反応が出ているのこと。
頭痛の原因はそれだ、と言われました。
5、6回の点滴で今はもう治りましたが・・。


新型インフルエンザも流行ってきているみたいだし
怖いですね。

体調が良くない、って、致命的ですよね。

むすこを出産してから、体調不良が続き
大きい怪我では、腱鞘炎やら骨折やら

学生時代、風邪で休むこともない健康優良児だった頃を思い出すと
今こんなに体が弱まっている自分と向き合うのが結構辛いです。

ツイてないのは今だけ、と現実を見たくない自分と
受け入れて、将来のためにも新しく体力作りをしなきゃ、という思い。

年齢を重ねて何が一番大変か、って
最近特に思うことがあります。

体が老いてくるのは当然。
でも、精神まで一緒に落ちて行ってはダメですね・・・。
というより、そうなったらもうお終いです。
身も心もどんどん落ちていってしまいます。
年齢のせいにしてしまいます。
自分を取り巻く環境のせいにしてしまいます。
ツキが悪いと思ってしまいます。

私も最近そう思っていました。
・・ていうか、今もちょっとそう思っています。


でも、それって、事態が好転する考えではないですよね・・。
むしろ、どんどん悪くなる。
その考えは、悪化を手伝うことになるのです。


年齢に勝つには、それに勝る気持ちが大切です。
30半ばにして、10代の頃に持っていた希望を上回る情熱を。
結婚生活と夫への想いを比例させ、確固たるものへ。

古くなっていく細胞ひとつひとつを奮い立たせるごとく
努めなくてはならない



最近、そんなことを思ったりするのです・・。



気持ちを高い位置でキープする方法。



加齢は止められません。
だからこそ、その時の年齢に合わせて
自分なりのその方法を見つけて行かなくてはなりませんね。


それが賢く年をとる方法かもしれません。




まだまだ暑い日が続きます。

皆さんも体調には気をつけて。

気持ちを高く持ちましょうね。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

最近の我が家です。 

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

心改め、ブログ再開 と お願い 

ここのところ、ブログ更新をずっとお休みしておりました。

今日こそ更新しているのでは、とご訪問くださったかた
ごめんなさいです。



でも!  再開します。\(^▽^)/



忙しくて中途半端に記事を書くぐらいだったら
また全力で書けるようになるまでお休みしよう

そう思っていました。

でもちょっとまだ先が見えない部分も多いので
とりあえず出来る範囲でまた再開しようと思います。




で!


これを機会に今後は、プライベート記事に関しましては


このブログを真剣に見てくださるかただけに公開しようと思います。


むすこももう2歳半を過ぎ、人間性も確立しつつあります。
彼自身やお友達のプライバシーの問題もあり、親としてどこまで公開してよいものやら・・。
でも私としては、このブログは我が家の思い出としてやり始めたものなので
成長していくむすこの顔を載せない、というのは悲しい。
むすこのお友達のママ達は、写真を載せることを歓迎してくれてはいます。
でも私としてはちょっと心配というか申し訳ないというか。



だから、一応、ご連絡くださった方のみ公開する
という形をとらせていただきたいと思います。
今まで見てくださっていた方は、画面右上の『ともだち申請』にて
ご連絡くだされば、パスワードをお教えします。
その際は是非、コメントくださるようお願いいたします。
そのいただいたコメントを励みに頑張っていきたいと思っていますので
よろしくお願いいたします。

また、初めて遊びに来てくださった方
少しでも興味を持っていただけたなら
これまで過ごしてきた我が家の様子を過去記事でご覧になって
読んでみたいと思っていただけたなら是非
ともだち申請をお願いできたら嬉しいです。




ブログ仲間の方は、是非ともブロとも申請をお願いします。



私としては、裏表なく我が家のありのままの姿を記録に残したいと思っています。
このブログを通じ、沢山のかたのご意見やアドバイスをいただき
様々な想いを心から分かち合いたいと思っているので
これを機会に、さらに正直に自分と向き合い、本音のブログを目指したいと思っています。

一方的で申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。


*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

とりあえずご連絡 

まただいぶ、滞ってしまいました・・。ブログ更新。

見てくださっている方、感謝です。



正直、最近の私、時間が足りません。

リハビリに仕事・・そして育児。
特に今週はちょっと風邪をひいてまたダウンしてしまい
体が2つあったらいいのに~っ!と思う日々です。

新しく始めた仕事はちょっとお勉強が必要な仕事なので
今はそういう時期だと思って頑張っている最中です。


でもブログ、やめたくはないので
何とか出来る範囲で頑張りたいと思います。
こんな身勝手なブログですが、どうぞまた時々覗いてみてください。

よろしくお願いします。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

母の日の思い 

10日は母の日でしたね

たまには私の母のことを書こうと思います。


私の母は、なんだか変わった人です。

とっても愛情深く優しい人ですが、私に対してはとても無神経で自己中心的な
それが理由で今まで何度ケンカをしてきたかわかりません。


母の日といえば

小学生の頃あげた紫の花柄のエプロン、あげた瞬間

もっと他の色が良かったわ~

と言われてとってもショックだったのが今でも思い出されます。

この人はどうしてこんなことを言うのか、幼心に悲しみを感じたような・・。



そしてまた、これは母の日でもなんでもない日にあげたものですが、ある時

あぁ、そうだ!あなたにいいものあげるわよ

と言って、前に私があげたものを差し出してきた ことも覚えています。

これは大人になってからの話ですが

もうその時は母がこういう人なんだと思って、今では笑い話にして話していますけれどね

ていうか、これって私が前にあげたものでしょーが!』 ってね



思ったことを平気でなんでも口にするので

ママは友達にもそうやってするわけ? よく友達いなくならないね

と本気で怒ったこともありますが、友達にはそれなりに気を遣っているようで

娘にも少しは気を遣ってほしい、と願っている私ですが



本能のままに生きるイタリア人の生まれ変わりのような母が
私が知る限りのその人生の中で、唯一崩れた時期があります。

それは私が結婚する前の年、私の祖母が亡くなったときのことです。

父の母が亡くなった時しか涙を見せなかった母。
私が泣くと『また泣いてるの?涙なんてそう易々と出すものじゃない
などと言っていた母が、母の母が亡くなったとき
約2年間、毎日のように涙に暮れ、私たち家族はとっても心配しました。
このまま病気にでもなってどうにかなってしまうんじゃないか。。

でもなんとか、私の結婚の準備で、それを乗り越えたみたいです。

そして次は母の父が亡くなったとき。

祖母のときのことを知っていましたので、祖父のときも私はとっても心配しました。
いよいよ潰れてしまうんじゃないか。。?

で、私は常日頃からせがまれていた孫を産む決意をしたわけであります。

祖父が亡くなって2週間後、私のお腹にむすこがいることが判りました。


するとどうでしょう。
その瞬間、とても生き生きとし出した母。。。

というより、今までに増して、パワーアップしたではありませんか!

孫パワーってここまでスゴイのか・・! 驚きました。

でも母からしたら、元気になろうと必死だったのかもしれません。
また、私は直感で、お腹にいる自分の子が男の子だとも思いまして
おじいちゃんの生まれ変わりだよ、きっと』 と言うと
それを本気にしていたような、とても嬉しそうな顔をしていました。
今でもちょっと本気でそう思っているみたいです。



普段マイナス思考でない母が、後ろ向きでない母が
あそこまで落ち込むことを見たことがなかったわたし。


自分の親が亡くなる、ってどういうことなんだろう・・。

私にはまだその経験がないからピンときません。

そりゃ悲しいに決まってるけど、自分がどうにかなってしまうほど
どうにかなってしまう想像がなかなかできません。
というか、想像するとなんだか怖いです。
だからあまり考えたくはありません。

でも母も父ももう60歳を過ぎて、なんとなく老いてきていることを実感します。

いつか必ずそういう日は来ます。


だからそれまで、できることはしないと、と思う日々です。

亡くなってから
もっとあぁすれば良かった、こうしてやれば良かった
と思うのはきっと辛すぎます。

だから
どう考えても、もうあれ以上してやれることはなかった。
もっとしてやりたかったけど、現実あれが精一杯だった。

と思えるような、今できるめいいっぱいのことをしておこう


毎年母の日になると、文句を言われるのが嫌で億劫な気持ちになりますが
まぁでもそれも母が元気な証拠か
そう思って、頑張ってこれからも娘をやろう、と思う私です。


どんな親でも子でも、親子になったのにはそれなりの理由がきっとある
そう思い
自分の母もそうですが、自分のむすこ
そしてまた、夫やそれ以外の家族に対してもそんな気持ちで
これからも大事にしていこう

今年の母の日も、色々考えさせてくれた日でありました。

皆さんは、母の日
その思いはどんなものがありましたか?

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

うまく手を抜く! 

今日は金曜日。風邪が治りつつあるむすこではありますが
あの救急の優しい先生の
『発熱の次に来る、下痢と嘔吐を覚悟しておいてください』
の言葉から、丸1日ウンが出ていないこともあり
今日はやっぱり保育園をお休みさせることにしました。

園で大変なことになっても申し訳ないので・・。


しかし、つくづく思いました。

なんでしょう。
最近、ここぞといういう時に怪我をしたり、子どもが病気になったり
なんだかうまくいきません・・。

主婦&母、って難しいです。
自分に向いてないのかも?
なんて今更行っても仕方ないんですけれどね。


もう今の自分は、独身の頃のようにはいきませんものね。
自分の24時間を好きなように使うことはもう不可能です。
(まぁそれは夫も同じことが言えるが)


とにかく
やらなきゃいけないことがいっぱい。


結婚して、新しい未知な自分を見つけたくて
独身の頃に食べるため、生きるために身に付けたスキルを捨て
養ってくれる人が出来たからこそ今まで興味のあったこと
やってみたいこと、色々チャレンジしてみたい。
そして、新しい生きがいを見つけたい・・

そう思って色々試してきました。


でも、実際やってみて実感したのが
子どもがいると、現実難しいことが沢山あるってこと。

子供の病気は仕方ありません。
そのケアは親として当たり前のこと。
だから子供を責めたりはしません。
むしろ本来、子供を産んだ以上は第一優先にその責任を果たさなくては
と思います。
でも母親も一人の人間です。
人生の計画だってある。性格もあるし、やり方だってある。


自由に時間が使えなくなって
体力や集中力が年々衰えていく中で、いかにうまくやれるか。
主婦になって、母になって何かをやりたければ
その能力が大きく関わってくるような気がします。


それでいえば、私はその能力に欠けている。
・・そう気付いてしまいました。


新しい仕事も、事前の準備にかかる時間や労力が多く必要とされ
夫にも、『もっと上手に適当にやることができないの?』と言われます。

う~ん・・できないんだなぁ、それが。


下手なんでしょうね・・。要領が悪いというか頭が悪いというか。


やるなら徹夜してでも完璧に近い形で仕上げたい。
とりあえず『やるだけのことはやった!』と思える努力をしたい。


でも実際、子供の相手して最後寝かしつけて、残った時間に
疲れた体を奮い立たせてどこまでできるのか・・。
そんな理由で中途半端に関わるくらいなら、いっそ今はこういう時間
子育てに集中しよう、としても、それはそれで私にはとってもストレスがたまって
有意義な子育てはできないでしょう。それは知っているのです。
だからやっぱり自分のことも大事にしながら子育てに関わりたい。
それがむしろむすこの為にもなることでしょう。
でも今回みたいに子供の病気を理由に仕事を休んだりするのも心苦しい。
でもそんなこと言っていたら母は働けない。
だからそういうことにも少しはタフにならなければならない。
神経質に何でもかんでも完璧にきちんとしようなんてしていたら・・

母こそ壊れてしまいます。


だから、自分が母になって与えられた課題は・・


いかに要領よく、上手に手を抜いて切り抜けられるか。


なのですね・・きっと。


独身の頃のように、職人のように仕事に没頭したら
我が家は崩壊するでしょう。

だからある意味自分を変えていくしかない。


私の、新たな課題です。


世の働くお母さん、一緒に頑張っていきましょう。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

その痛みに寄り添う 

さぁ! 楽しい楽しいG・W~

・・な~んて思っていましたが、今日も仕事でした・・




病院やらジムやら子育てやら仕事やらで、また疲れがたまってきてしまい
ここ数日ブログが出来ず、今日も無理かと思っていましたが

このたびブログ仲間のワカメパパさんの記事を読み

今疲れた体にムチ打って、気持ちだけでキーボードを叩いている私です。。



ワカメパパさんは、私のリハビリの記事をお読みになって
お父様のことを思い、私もこの記事を読んで色々なことを考えさせられました。

よろしければお読みください → ワカメパパさんのブログ



痛み、って、本当に同じ思いをしてみないと分からないものです。

それは全ての痛みについてです。
肉体的な痛みもそうですし、精神的な痛みもそうです。

色々な痛みを経験した事のある人は、本当に沢山の人の痛みが分かるというものです。

でも、全ての痛みを分かろうとするのは実際無理があると思います。

その痛みをわかろうとしてわざと同じような目に合うわけにもいかないし
かといって前に書いたように、わかったようなことを言うのも失礼なことでしょうし


たとえば私の近くに、その痛みをわかってあげたいと思う人がいた場合
私に何ができるだろう
そんなことをフッと考えて、ちょっと書いてみたいと思ったのです。


私も実際、こんなことがありました。

数年前、私の母が毎日とってもイライラしている時がありました。
それを見て、私もイライラさせられてとっても感じが悪い時がありました。
でも後から、それは母の更年期だということを知りました。

そしてまた、私の父がギックリ腰になった時がありました。
つい先日もちょっとギックリしたような事を聞きました。
そのときも、私は特に大きな心配はせず、またすぐ治るだろうと思い
特に父に対して本気で心配しているような声かけはしませんでした。


でもワカメパパさんの記事を読んで私も思いました。


結局、私も同じだ。


骨折して、骨折した人の痛みはわかるけれど
更年期もギックリ腰も、結局は本当の痛みはわからない。

というか、わかろうとしなかった。

わかろうとしても結局はわからないだろうけど
そういうことではなくて
わかってあげたい、と思わなかった。

問題はそこかもしれない

今回わたしはそこに気付き、直したいと思いました。


それは色んな人の気持ちです。

たとえば夫の仕事の大変さ
子供の心の中の叫び
残された時間を有意義に過ごしたいと願う母の気持ち
今まで家族のために頑張ってきた父の気持ち


いろんな人の気持ち
こんなに近くにいる人たちの気持ちを
私はもっとわかってあげようとしなければならない。

そしてきっと問題はここからで
それが、相手に伝わらなければ意味がない。

一生懸命自分をわかろうとしてくれている

そう思えるだけで、当事者はどんなに心強くなれるだろう。


たとえば母が辛かったとき
『辛そうだね、どうしたの?大丈夫?』
この心の底からの問いかけがあったら
母はとっても喜んだかもしれない

たとえば父が腰が痛くてたまらなかったとき
何もできなかっただろうけど
『マッサージか何かしてあげようか』
ギックリ腰になっちゃったんだって?大丈夫?
なんて適当に声をかけるんじゃなくて
心の底から心配してあげればよかった

そう思うのです。



それは
普段私の足を心配してくれていても
階段を下りるとき、スタスタと自分だけ早く行ってしまい
後からゆっくり下りてくる私を見て『あ、そうか、足が悪かったんだ』
そういう反応をされると、やっぱり本当の痛みはわかってくれていない
そう私は思ってしまいます。
でもそれも仕方ないことだと思いながら、やっぱりちょっと悲しいです。
でもそれから同じような場面のとき、常に気遣ってくれるようになると
その気遣いがとってもありがたく感じます。


どれだけその人の痛みにより添えるか

その気持ちが伝わったとき、その人の痛みも少し和らぐのではないか



だから、私もそういう人間になりたい

そう思いました。


実際はなかなか無理だろうけど、そういう心がけでやっていこう

そう思いました。



こうやって人は、いろいろ勉強していくんだなぁ・・・


今日も、そういうことに感謝しながら
明日に生かしていきたいと思いました。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

不運がもたらしたこと 

去年の10月に右ヒザを骨折し、1ヶ月半そのヒザの骨の再生を待っていた間
私の右足は、いや、右のお尻から下の足首のあいだ全部
学生時代に築きあげてきた頼もしい筋肉が、見事に削ぎ落ちてしまいました。

s-DSCF2339.jpg


その時の記事はこちらです。よろしければお読みください。


今スポーツクラブのジムで筋力トレーニングをしている私ですが
困ったことに全然筋肉が付きません。

ギプスをつけていた頃は、これが取れたらすぐにでも動かせるようになるだろう
落ちた筋肉も、ちょっと動けばまた筋肉がつくだろう
そう安易に思っていた私ですが、現実はそううまくはいかず
これは年齢のせいなのか、個人的な体力不足からなのかわかりませんが
とにかく思っていたより復活するのが遅いです。


ギプスをつけていた1ヶ月半、まったく動かしていなかった右足は見事に固まって
不思議なくらいに曲がりません。自分の足でなくなったようです。
最後に整形外科でギプスを外した時、先生にはっきり
『年齢も若いし、リハビリは必要ありません。日常生活で元に戻ります』
そう言われました。
そう言われてもガッチリ固まっているこの右足はどうやって曲げていけばいいのか。
先生には、徐々に頑張って曲げていくようにしてください、そう言われたので
こんな風に無理やりクッションをかませて徐々に曲げていきました。

s-DSCF2843.jpg

その時の記事はこちらです。よろしければお読みください。

足は徐々に曲がるようになってはきました。

よくドラマでリハビリのシーン、ありますよね
あれ、なんであんなに痛そうにしているのか、やっとわかりました。
痛いんですよね、固まった足を無理やり動かすのは。
でも動かさないと固まったままなので、やっぱり無理やり少しずつ動かしていくしかないんですよね。

で、足は徐々に曲がるようにはなってきたわけです。


でも、問題はここからで
曲がるようになってきても、筋力がフルで落ちてしまっているので
突っ張った状態だと立てるけど、曲げた状態で立つことはできないのです。

だから、歩くときは右足は突っ張ったまま前に出すのですが
これがしばらく続けているとものすごく疲れる。
疲れを通り越すとヒザの裏の筋がめちゃくちゃ痛くなる。
でもジッとしていると筋力がつかないので無理をしてでも外出する。

でも結局右足は突っ張ったままなので、実質徒歩をリードしているのは左足になるわけで
そうなると、右足の分まで2倍頑張っている左足はどんどん筋力がついていくわけです。
気づいたときには左下半身がジャネットジャクソンみたいになっていました!
でも右足は相変わらず激ヤセしている人みたいに骨だけになっている・・。

それが続くとやっぱり体はしんどいですよね。
左右非対称になっているわけですから、疲れも倍増だし
多分いろんなことに不具合が生じはじめていると思います。
だから今までこらなかった部分までこったりして、毎日のように夫にマッサージしてもらっているのですが・・



ほんと、今回のことで思ったのは、人間同じ思いをしてみないとわかりませんね。
私も骨折して初めてわかりました。骨折後の対応がどれだけ重要か・・
先生の言葉を鵜呑みにしてリハビリしなかったけれど
やっぱりどこか探してやっておけばよかった。
そこは総合病院だったので、外来のリハビリはしていないとハッキリ断られてしまったのと
さっきの先生の言葉で、骨折初めてだった私は、本当にすぐ治るもんだと思い
今日まできてしまいましたが・・

今はドラマとかでリハビリのシーンを見てもその痛みも大変さもよくわかります。

なんでも同じ目にあってみないと本当の痛みはわかってあげられませんね。
わかったような気でいることが多いですが、実際わかっていないことも多いんだろうなぁ
そうしみじみ感じたりするようになりました。
だから、あんまりわかったようなことを言うのはやめようと思ったり。

いろんな勉強になります。



それと、一番困っているのが
親として、です。

むすこと歩いていていつも思うのが
今何かあったら私はこの子を助けられるのか
人よりあると自負していた瞬発力も、今の私の足には全く機能せず
むしろこの前、転んで手をつないでいたむすこまで巻き込んでしまいました。
その時の記事はこちらです。よければお読みください。


これって親としてどうなのか!


とっても情けないです。


今地震があったらどうしよう とか
危険な目にあったらどうしよう とか思って
早く復活しなければ、と焦ってしまったりします。
でも焦って頑張ると疲れが出てまたダウンしてしまったりするし
なんだか年齢を感じるのか、切なくなってしまいます。

でも実はいいこともありました。

それは、むすこが抱っこをせがまなくなったことです。

今まで抱っこ抱っこと甘えていたむすこが、今は決して抱っこと言ってこない。
2歳の目にも、ママの足は普通じゃないということはわかっているようで

そしてまた、私の足を気遣ってくれる場面もあり

未だに私が不自然に階段を上ったりすると
ママがんばって
と励ましてくれます。


私の骨折は、むすこを大きく成長させてくれたようです。


だから、私もあまり悲観的にならず焦らず
がんばろうと思います。


お手すきの方、今は地震が起きないように祈っていてくださったら嬉しいです。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。