スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとびっくり 

フトした時に気付きました。

s-DSCF9421.jpg


1歳2ヶ月の人間でも、こんなに綺麗に正座ができるのね・・・

ちょっとびっくり。
そして、なんだか可愛くて、写真を一枚。

s-DSCF9422.jpg


誰も教えてないのに

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

●足の裏、癒されます●

スポンサーサイト

歩み寄りつつあるふたり 

まだ動けなかった頃のむすこを見下ろしていたチャイも
最近はもっぱらむすこの興味の対象になっております。
むすこより断然小さいチャイですが、お得意の俊敏な動きで
むちゃくちゃしてくるむすこを軽やかに避けるチャイ。

チャイの唯一のおもちゃ(家来?)をむすこに取られそうな時でもチャイは負けません。

s-DSCF9273.jpg


最後は悲しくてやっぱり泣くむすこ。でもあえて私は2人の間には入っていきません。
s-DSCF9274のコピー


あまりにもむすこがしつこい時には、チャイはささやかな反撃に出ます。

s-DSCF9336のコピー

そんな時も、私は特にチャイを怒ったりはしません。小さいからといって、そして人間だからといって、好きなように犬を扱えると思うことは大きな間違いだ、と身を持ってむすこに教えさせるためです。でも度が過ぎた噛みかたをしたときには、チャイを叱ります。いくら嫌なことをされても噛んでいいという法はないですから。(しかもよその子を噛んだりしたら大変ですから!)

でも時折見せるふたりのこんな瞬間は

s-DSCF9354のコピー

とか

s-DSCF9332のコピー


風に、彼らの声が聞こえてきそうな気がするのは、やっぱり私だけなのでしょうか・・・

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

●チャイは誰がなんと言おうとうちの長女です!●

最近の心配事 

標準よりちょっと(かなり?)細めなむすこ。
空腹満腹に関係なく風船(いや、硬いから小玉スイカか?←夫の発言)みたくなっている
このお腹、私は結構心配だったりして。

s-DSCF9128.jpg


あまりにもすごくて、皆に『すごいねー!お腹』と言われます。

しかもこの写真撮った時も、隠れた左手はボリボリとわき腹を掻いている
その様は、『本当に子供か?』と重ねて私を不安にさせます。

この先もどんなことで私を不安にさせるのか、むすこ・・・。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

●小さいおとこ、成熟されたこの私をどこまで惑わすのか!●

必ず訪れる関門 

小さい子供を持つと必ずやってくるこの関門

小さな心にヒットする心地良いリズムやフレーズ、そして魅惑のダンスや楽しい感覚

これは、むすこがちょうど1歳になった、という頃の出来事です。
何やら集中してテレビ画面に食いついていると思ったら・・・

s-DSCF9047.jpg


えっ?もう?

そして次の瞬間

s-DSCF9046のコピー


母もちょっと残念だったよ・・・
実は私も嫌いじゃないっていうかちょっと好きっていうか、くだらなすぎるところがまあまあ笑えちゃったりして

むすこが本格的にハマる年頃(3、4歳?)にはきっともうこの笑いは去っているだろうから
次は何だろう?あんまり下品なやつじゃなければいいなー
ちなみに前回のなんたらラモン○Gってやつは見るだけで吐き気がしてたのでチャンネル即変えでした。男の子だけにお下品系にハマる率高し・・・?あー想像するだけで頭痛い
男の子を持つお母様達、共にこれを乗り越えましょうね

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

●自分好み、夫は出来ても息子無理?●

年末年始のシビれた出来事 

遅ればせながら・・・

皆さん、明けましておめでとうございます
子育てとは、いわばハプニングの連続でも言いましょうか
今年もどれくらいこのブログに時間をかけることができるかわかりませんが
今年もどうぞよろしくお願いいたします

さて、昨年最後のブログではロマンティックなクリスマスネタで
気がつけばそれで一年を締めくくってしまった結果となってしまいましたが・・・

あの後、実は我が家では大変な事態が続いてしまいまして

キャンドルを見ながらそっと夫婦愛を確かめたその夜、夫が急に体調を崩しました
やっぱり慣れないことはするな、ということでしょうか
熱にうなされ、上と下から流れ出る悪魔は、今流行の風邪のようで。

数回アイスノンを替えさせて、冷たいジュースを差し入れた他は、私達に移っては大変!
隔離された部屋で丸2日間、夫は自力で回復したのでありました

夫よ、悲しいかなそれが父となった運命よ・・・

そして2日後、もらったらしい夫の風邪菌が今度は私の中で復活し
上からも下からもという惨事に見舞われながらの一人での子育て。(平日なので夫ナシ)
何度も抱っこしながらトイレに駆け込み、グロッキー状態で炊事。
はぁ~どこまで辛いの、子育てって!!!
と嘆きながらも何とか1日で克服。

やれやれ・・・やっと年末の長いお休みだぁ~(夫もいるし

と思っていたら、今度はむすこが27日の夜中に高熱を出しました。
でも機嫌は悪くなかったし食欲もあったので、市販の風邪薬を飲ませて1日様子をみることに。
今までの感じだとこれで結構すぐ熱が下がったりしていたのですが、今回は違いました。
一度は40度という数字も出たりして、さすがの私もビックリ
慌てて何人かのお友達にヘルプメールを出したら、すぐさま返事をくれた皆。
ほんとーにありがたかったです。友達って本当にこういう時いてくれてよかったと思う。
とりあえず教えてもらった 小児救急電話相談 に電話。
とにかく背中と脇を冷やせと言われましたがうまくいかず、熱は下がらず本人も苦しそうなので慌てて救急医療センターへ行きました。
いただいた抗生物質も座薬もほとんど効かず、高熱が丸3日間続いた頃にはさすがにむすこもハアハア言って辛そう私以外の抱っこではダメで、しかも下に降ろすと怒るので夜も昼もほとんど私一人でずーっと、立ちながら揺れながらの抱っこ今回は特別だから仕方ない、と思いながらも私の体ももう限界状態。
負荷がかかり続ける骨盤が砕けそうになり始めた4日目の大晦日に、やっと熱が下がり始めました。
良かった・・・そして、やっと開放される・・・と喜んだのもつかの間
更なる試練はここからでした。
結局この高熱続きはその後の発疹の登場によって、あの、突発性ってやつだということが判明。
熱が下がってもむすこの機嫌が良くなることはなく、むしろ一日中ぐずぐずぐずぐず。
私の体にへばりついて、トイレ行くのも何するのもずーっと抱っこ、やっぱり下に降ろすと号泣、という今までにない甘えっぷりと不機嫌っぷりの原因は、全身に出来た発疹の痒さがイライラだったようです。


・・・当然そんな我が家にお正月は無く・・・

結構本気でシビれた今回の騒動。
こんなちっちゃい体で大人2人を見事に振り回すのだから
本当に第1子の存在ってスゴイ

つくづく子育てって大変だと思わされた新年を迎えたのであります。

むすこも辛かっただろうけど、私もよっぽど辛かったのか
知らない誰かに殺される初夢を見ました

ハハハ・・・

ここで一発ジョークとさせていただいてシメとさせていただきます

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

●オチはそれかいっ●

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。