スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

それでも元気に 

今日は楽しい週末。雨だけど・・・どこかへ行こうか!

・・・という気分になりつつも、右足の筋肉をつけるための電気治療は2日空けると効き目が薄らぐのでなるべく頻繁に来るように、と接骨院の先生に言われているのでとりあえず今日も行ってきました。


・・でも先生、しんどいのは右足だけじゃないんです。

と、右足をかばう左足と、左右非対称のため歪んで痛い腰、そこからくる肩への疲労など、他の痛みも訴えてはみたけれど、治療って、そうここもあそこも・・・ってわけにはいかないようで、そうしてしまうとそれぞれの効果が薄れてしまうため、出来ないみたいです。右足が終わってから、と言われました。


仕方がないので、友人から教えてもらったもうひとつの整骨院へ行くことに。


そこで事情を話し、右足以外のしんどいところを治療してもらうことにしたのですが、接骨院と整骨院、1日で2箇所もはしごしたせいか、今日はなんだかとっても疲れています。


・・・でもやっぱりどこかへ出かけたいので、とりあえずルーズカフェに行きました。


ワンコ同伴OKの横浜駅近のルーズカフェについての過去記事、時間のあるかたはこちらをご覧ください。


骨折してなかなか遠出できなくなってからは、隔週ぐらいで行ってます



ここに限らずですが、あいかわらずうちのむすこはレストランに入るとグズグズ言い出すので、最近ルーズカフェに来る時には、これで釣ってます。

DSCF3613-1.jpg

カフェラテの上に乗っている、泡です。


DSCF3614.jpg

うほほ~ぃってな具合に喜んでいます。


ほんの少しミルクの味がするくらいで、甘くもなんともないですが
このフワフワした感じが楽しいのでしょうか、嬉しそうに口に入れています。


まぁ、私としては静かにしててくれれば良いので。



明日は晴れるでしょうか。

足の痛みに負けないぐらい、楽しい週末にしたいものです。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

スポンサーサイト

気持ちの凸凹、それが人間それが普通 

前回の記事にも書いたように、今私少し気持ちが沈んでいますが・・・


でも、少し元気になりました。励ましのお言葉をくれた皆さん、感謝です。



考えてみると私っていう人間も、だいぶ山谷があるなぁ~と思います。

ものすごーくキラキラしてると自分でも思うときもあれば
今たぶん私すっごい不細工なんだろうなぁ、と思うときもある。

キラキラしているときは本当に何でもできると思えるし
不細工なときは、ずっと横になってテレビを見ていたい、と思う。


人間って、不思議な生き物です・・・。


まぁでも私ももう30過ぎてますし
人生そういうものだということも、それが人間、普通のこと
そう分かってもいるので、特別落ち込んだり、もうダメだとも思ってはなく
これも今だけ、今はちょっとこういう期間
そう思って乗り越えようと思っています。


前にも書きましたが、やるときゃやれる そう思っていればいいのです。



逆に、今わたしはとっても幸せなんだろうと思います。


体はつらくても、ちょっと休める環境が整っている。
むすこは保育園というありがたい場所があるし
むすこの添い寝が本寝になっても私を起こさずにいてくれる優しい夫がいる。


それもとってもありがたい環境なんだなぁ、と思います。


足もそのうち自然に治るくらいの感じで
あまり焦らず、出来ることから少しずつ、やっていこうと思います。


無理して笑ったり、心の中と別のことを平気なふりして書ける
そういう人間ではないですが、でも仕方ない、これが私だと思っています。

そんなとりとめのないブログですが

これからもひとつ、ひまつぶしの感じで読んでもらえれば
そう思います。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

心に栄養を 

最近PCを開くのが億劫になっています・・・。

ヒザのお皿ももう完全に骨がくっつき、ギプスを外してもう1ヶ月を過ぎ
整形外科の先生には完治というかたちでもう通院は不要とハッキリ言われ
自己流でなんとか椅子に座れるまでに足が曲がるようになり
お風呂で足の曲げ伸ばし、食器を洗いながらつま先立ちしたりと
なんとか日常生活で少しずつ筋力を取り戻せやしないかと頑張ってきましたが

一度失われた筋肉を取り戻すのは思ったより大変なようで・・・


自分の力だけでは時間がかかりすぎる、と思った私は
最近近所の接骨院に通い始めました。

そこで、電気を使って筋肉をつけていくという治療を1時間ほどするのですが

なんだか今はもうヒザだけではなくて腰からお尻、足の付け根、腿、ふくらはぎ
そして最近は左足までもがダルく、常にこった状態で、しんどくて熟睡もできないほど。

ヒザを故障したことで生活が変わり、普段使わない筋肉を使ったり変な動きをしたり
ヒザをかばうので他へかかる支障が、いろいろな部分を酷使したり不必要としたり
そんな理由で体全体がおかしくなってきている感じです。


骨折してから時間が経てば経つほど良くなっていくと思っていたのに
違う部分に少しずつ痛みが広がってきているようなかんじで

少し動いては疲れ・・・という日々を過ごしていると
だんだん動くことが億劫になってきてしまいます。

とくに今は寒いし、心までかじかんでしまいそう。



チャイの散歩やむすこの保育園のお迎えで外へ出ると
なんだかとっても気持ち良くて、体がだるいことを忘れてしまうほどですが
外へ出るまでが長い・・・。
えいっ!!と体と心に渇を入れないとなかなか難しいです。


早く春が来てほしいです。

暖かくなって、窓から見える外の様子も明るくなってきたら
もっと早く元気になれる気がするのになぁ~


体は病んでも、心は元気を保っていないと、人間きっとダメですね

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

当たり前でないこと 

昨日の夕方、テレビで北朝鮮の子供の様子が放送されていました。

ちょうどその時私たちは夕飯を食べ終えたところで、むすこはデザートのイチゴを食べていました。
北朝鮮の人たちの厳しい生活は、今となっては特に驚くことでもなくて知られている現実ですが、横で何気なくイチゴを食べているむすこの相手をしながら見るそのテレビの内容は、いつにも増して胸が締め付けられる思いで、思わず、『ほんとに可哀想ね・・・』とつぶやいてしまい、涙さえ出てしまいました。

『むすこちゃん・・・このお友達ね、ご飯食べられないんだって』

むすこくん、良かったね。むすこくんは幸せなんだよ。だから頑張ってご飯いっぱい食べなきゃいけないんだよ。

と、まだ分からないだろうと思いながらもむすこに説明。

むすこは、ただ、死んだように横たわっている子供を見ながらイチゴを食べています。



むすこはどちらかというと食が細いので、なんとか食べさせようと残すのを承知で色々用意してしまう私ですが、こうやってあれもこれもと用意してやってる自分の行為すら申し訳なくなってしまう、そんな気持ちになります。



『かわいそうねぇ・・・』 とむすこ。


たぶん、分かってはないでしょう。




親になって、”子供”というものに敏感になっているせいか、その北朝鮮のこどもの現実が、本当にひどく切ない思いで胸がいっぱいになります。
むすこを見ながら、この子は日本に生まれて、テレビに映っているあの子は北朝鮮に生まれて、たったこれだけの差なのにどうしてあの子はこんなに可哀想な思いをしなくてはならないんだろう、ただご飯を食べるだけのことなのに、と思ってしまいます。ご飯が食べられないだけでなく、親にまで捨てられ、寒さに耐えながら、子供だけで集まって寄り添いながら生きるその姿は、もう普通に見ることさえできないくらい、彼らの気持ちを考えるともう何も言えなくなるくらい胸が苦しくなります。

北朝鮮だけでなくご飯もまともに食べられない人は世界中にたくさんいますし、この日本でもさまざまな理由で食事に困っている人たちはいるのも知っています。でも私はこの生活を当たり前にしているのでついこれが普通だと思ってしまいますが、こういう現実を見せ付けられたときには、それが普通ではないんだと思い知らされます。


人間が生きるために当たり前にしていること
でもこれは決して”当たり前”ではないのですよね・・・。



たくさんの欲にかられている自分を見直したいと思います。


そして、こういう現実を、関係ないとただ傍観しているだけでなく
むすこと一緒に考え、そういう思いを抱ける子供に育てて生きたい
そう改めて思います。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

うちのかわいい姫 

最近堅い内容ばっかりだったので、うちのかわいい癒しを出してみます。



チャイは、むすこのお友達のKくんがちょっと好きです。

少なくとも、むすこよりは、好きみたいです。


むすこのお友達が来ても、特にいつもカラみのないチャイなのですが

このKくんは、なんだかちょっと好きみたいで、時々カラんでいきます。



で、Kくんがお昼寝しているときのこと。

あれ?チャイは?

と思って部屋を見渡すと・・・



DSCF3831.jpg


Kくんの足元でチャイもお昼寝。


そう、チャイはこの、足と足の間にうずもれて寝るのが好きなのです


・・・って、Kくん起きちゃったらどうするのよー!!


って思っていたら




起きちゃいました。

DSCF3834.jpg


DSCF3835.jpg


DSCF3836.jpg



お?大丈夫か?

Kくんどうする?



ほら、K、 チャイちゃんだよー・・・ とKくんママが起こすと・・・


DSCF3837.jpg


DSCF3838.jpg



DSCF3839.jpg




チャイ、ちょっと傷ついたようす?



でもやっぱり、起きていきなり目の前にいたら


DSCF3841.jpg



うちのむすこは普段舐められられているので、ビクともしませんが





こんなにかわいいチャイですが、最近わたしはものすごく寝不足です。
この2人が交互で私の睡眠を邪魔するのです。

夜中、はだけているむすこのお布団を直す・・・

数分後、私の寝返りのため外に追いやられたチャイが再びわたしのお布団の中へ・・・

再び寝返りのとき、チャイを気遣いやさしく体勢を変え・・・

またむすこのはだけたお布団を直すのに数時間後に起き・・・

寝に入ろうとするときチャイがおトイレに行きたくなってドアをカリカリ・・・

開けてチャイがトイレを済ますまでしばし待機・・・

戻ってきたらドアを閉めまた一緒にお布団に入り、寝に入った頃むすこがムズムズ・・・

またお布団をかけ直し、チャイと自分の体勢を整えなおし・・・

明け方今度はチャイがリビングへ行くとまたドアをカリカリ・・・

チャイを外へ出してやり、再び寝に入るころ、むすこが起きる・・・



あぁーなんだか寝た気がしない・・・




でも、かわいいので、チャイを他へ追いやることはできません。


むすこが生まれる前は、一年中寝室のドアを少し開けて、チャイが自由に行き来できるようにしていました。でもむすこが生まれて冷暖房をつけて寝るようになったのでドアを閉めるようになったため、私はいちいちドアを開けてやらねばならなくなってしまったのです・・・。


これは、むすこが自分でお布団をちゃんとかぶれるようになるまでの

あと何年続くのやら・・・


考えると恐いです。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

やるときゃやれる 

骨折をする前、私は仕事をしていました。
仕事と言ってもパートで、前職のCAD関係ではなく事務的な内容ですが
勤務日数、時間、そして事務の割には時間給が結構良かったので
往復の時間はまあかかりますが、都心のほうまで通っていました。

通い始めて2週間、ちょっと慣れてきたかな、という時のあの事故です。
当然歩けなくなってしまったので、しばらくお休みさせてもらったのですが
なんせ働き始めて2週間、パートだし、そんなに長くは待ってもらえないだろうと覚悟していたら、今の今までの3ヶ月半ほど待っていただけた結果となり、一時、めでたく来月から復帰できるようになりました。

しかし、今とっても景気が悪いです。
改めて連絡が入り、業績不振のため、もしかすると見送りになるかもしれない、という電話が入りました。もともと半分諦めていたし、世の中の景気がだいぶ悪くなってきているのも知っていたので、あまり驚くことなく、今は最終結果が出る来週の月曜日を待っています。

でも、実はわたし、骨折し、一時何も出来ない日々を送り、ある意味少し『お母さん』をお休みできた数ヶ月を過ごし、なかなか更新できなかったブログも毎日やり放題、むすこは保育園、買い物は宅配、不便ながらもちょっと楽な生活を手にし、正直、仕事復帰するのが億劫になっていました。

このまま仕事するのやめちゃおうかな・・・?

なんてひそかに思ったりしちゃいましたが、それはそれで何だかつまらないし
自分で稼いだお金を自由に使う楽しみも無くしたくはないので、たぶん何かしら仕事はすると思いますが、そのことをお友達のママにしたときの話です。

『なおさんは専門知識を持ってるから羨ましいよ』

いざとなれば仕事あるもんね、と言われました。

でも私はすかさず答えました。

『何言ってんの~ 私も努力してるんだよ』

そうです。私は努力してきたのです。
寝る間も惜しんで、休日もなく仕事をしてきた自分なりの実績があるのです。
CAD講師という仕事は、常に先端をいっていなければなりません。
何を聞かれても答えられなくてはいけない、それができなければ持ち帰って調べなければならない。あの仕事はプライドと責任がなければ続けられないのです。
だから今子育てに追われている私は、一時CADを中断して責任を全うできる事務へと転向したのですが、もしまた講師という仕事をしようと思ったら、それなりの覚悟と努力が必要です。


でも私は、CADの世界でなくても、これだけ頑張った経験があるのだから、自分は強い。本気でやれば自分は出来る。そういう自信があります。
それは人に伝わります。その意気込みや信念や人柄は、伝わるはずなのです。
だからCADとは関係ない今回の仕事も手に入れられたのだと思います。



あなただって本気でやればなんでも出来る、と私は友達に言いました。


そうです。やる気が無いだけなのです。

本人も認めました。

ちょっと自信がないそうです。

でも私から見たら、こんな大変な子育て、家事、この仕事を全うしている彼女は、それだけで能力があると断言できるくらいのことを毎日やってのけているのです。気付いていないのは本人だけ。むしろ私から見たら彼女は、子供に対する忍耐力は私よりすごいと尊敬するくらいです。
女は強いのです。本気でやれば男並みに出来るのです。私はそう思っています。



だから私はお母さんたちに言いたい。

子育てという仕事、家事という仕事を必死でやっている人は、必ず力を蓄えています。
だからその力を信じて欲しい。何事も本気でやれば出来るのです。
本気でやろうとしていないだけそれを選択していないだけなのです。

仕事をすることを勧めているわけではありません。
そうではなくて、自信は持っていてもらいたい。
本気で子育てしている、本気で家事をしている自分に自信をもってもらいたい。
仕事の有る無しは関係なくとも、自信は持っていないと女が廃ります。


元気があればなんでも出来る じゃないですけれど

本気でやれば大抵のことはなんでも出来る ってなところでしょうか?


自分も、やるときゃやれる

その気持ちだけはいつまでも持っていたいものです。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

最低限の愛情 

昨日、テレビで、あの物まねタレントの岩本恭省さんのドキュメント番組を見ました。

知らなかったのですが、奥様が脳腫瘍で倒れられて、今、大変なのですね。
恭省さんが、奥様の代わりを頑張ってされているそうです。
その様子が放送されていました。

2人の子供たちの朝食からお弁当の支度、送り出したら、掃除、洗濯・・・
すべてのことをして、さらにすごいのが、家事をするようになって
いかに奥様がすごかったか、改めて奥様に感謝をしている、そんな内容でした。

そんな時、フト思った自分の夫のこと・・・。


私が骨折してからこれまでの3ヶ月間、毎朝1時間遅く出勤し、むすこを保育園に連れて行ってくれています。たったそれくらいのこと、やって当たり前、自分の子供なんだから、何も家事全部やってくれって言っているわけじゃないんだから・・・ぐらいの思いでいたわたしでした。

でも今考えたら、彼には彼の会社での立場や、仕事の調整、きっと様々な気遣いがあるでしょう。知ってはいたけれど、たったそれだけのこと、これからずっとの話じゃないんだし、一時のことなんだから大変だろうけどお願いね・・・と。

でも、改めて考えると、・・・・感謝です。

そして、改めて、健康、って大切だ、そう思うのです。
私の場合はたった片足が不自由なだけで、しかも一時的なこと。
いずれまた普通の生活が出来るとわかっているからなんとか耐えられることであって
これがもし他の病気かなんかで、たとえば死ぬまでずっと、それがもしもっと重症な病気で、治らない、そしてこれは治らないどころかもっともっと痛みや辛さが増して、そして最終的には死に至る・・・なんて病気だったら、と考えると、実際そんな方がいると思うと、胸が締め付けられる思いがします。

実際自分が不自由な状態になって、初めて色々なことがわかります。
たったちょっと骨を折っただけなのに沢山の人のお世話になって、自分もしんどくて、だからもっと大変な病気を抱えているかたを思うと、私なんてもっとしっかりしなきゃ、って思います。


最近むすこと夫の食事のことを優先にして、自分は、たとえばむすこの食べ残し、とか、夫のおかずで余ったもの、をちょこちょこ食べて済ましてしまっている私です。それは、バタバタと食事の用意をして、むすこに食べさせて、そうこうしているうちになんだか自分も落ち着いてしまって、食べる気がなくなってしまい、『もういいや・・・』ってなってしまうのです。で、ワインと余ったおかずをつまんで・・・という、かなり適当な食事となっています。

でもそれを今一度見直したいと思います。

自分ひとりだったら、病気になっても自分だけが大変なだけですが
家族がいる以上は、病気になったら辛いのは自分だけじゃなくて、周りの人に沢山の迷惑をかけて、沢山の協力を必要とします。時としてそれは良い効果をもたらすこともありますが、できればちゃんと気をつけて、そういうことにならないように気をつけるのが最低限の愛情といえるのだと思います。

自分のことを心配してくれる人がいる以上、それは、義務かもしれません。



いつも、ありがとうね。お互いに、健康に気をつけて生きていきましょう

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

2歳だから通用すること 

最近我が家のテレビの調子がおかしく、時々画面がパッと消えます。
数秒するとまた点くのですが、それがまたいい具合に、消えて欲しくない場面で消えてしまったりするのでそんな時はかなりムッときます。

業者さんに見てもらったところ、ちゃんとした原因はわからないみたいですが
たぶん、ランプというもののせいだということです。

むすこが0歳の時にも同じ現象が起きて、そのランプを取り替えたのですが
2年も経たないうちにまたこんな風になるなんて、気分的にはかなりムッとします。

家電はそうやってサイクルを回していると聞くけれど、だとしたらなんだか切ないですね~
主婦の意見から言わせてもらうと、10年は何事もなく使いたいのが本音ですが。
うちのテレビは、まだ7、8年目です。
いつそのランプを取り替えようか、と思っているのですが
なんとも無い時はなんとも無く普通に映っているので、我が家としては完全に映らなくなった時までこの状態で我慢したいのが本音なわけです。



で、本題は、そのテレビでうちのむすこがお気に入りのしまじろうのDVDを見ている時の話なのですが、これまたいいシーンで消えるわけです。
当然むすこにはこの原因はわからず、消えた瞬間 『ん~!ん~!』 と言って画面を指差しながら、後ろを振り返りわたしに文句を言ってくるのです。



そんな時私はこう言うのです。


お願い!!って心の中で言ってごらん!


最初むすこは、何のこっちゃ?って顔をしていましたが

心の中で、お願い!!!出てきて~!!ってお願いすればきっと出てきてくれるよ!!

おねがい

もっと大きな声で!!おねが~い!!って!!

おねがーい!!!

もっと!お腹に力入れて、おねが~い!!!って!


おねが~~い!!!


などと何度かそのやりとりをしていると、パッと画面が戻ってきて、私はホッとするわけですが

なんだかむすこを騙しているみたいで少し申し訳なく思い
しかもまだ小さい今だからこれも通用するんだろうなぁ、など思いながら

でももう今では、真っ暗になった画面を一人で黙ってジーッと見つめ
願いが叶うその瞬間までガマンして待っています。
心の中でお願いしているのでしょう。

2歳はかわいいものです。



・・でも、思えばわたしも、中学生の時見たいドラマが見られなくて
部屋のラジカセから流れるそのドラマの音声だけを聞いて
自分の頭の中でそのドラマの展開を思い楽しんだのを思い出します。

ある意味あれも良かった、と今では思います。

これのおかげか、私はかなり想像力の豊かな人間と育ちました。


むすこも、このしまじろうが映らない真っ暗な画面を見ながら
大好きなしまじろうを心の中に映し出し
音声だけで楽しいシーンをイメージしているだとしたら
これはかなり良い脳の体操になっていることでしょう。





・・・何事も、前向きに

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

人生の勝者 

最近わたしはよく考えます。

人生の勝者 とはどんな人のことをいうのか・・・。



子供を持って、改めて考えているのです。



自分の子供に、どう育ってもらいたいか。



弱い立場の人に優しく・・・
目標を持ち、活き活きと生きる・・・
なるべくだったら賢くて・・・
自分のことは自分でしっかりと出来る・・・




・・・・とまぁ、いろんな欲がでてくるわけで





で、最終的に行き着いたのは


自分の今の人生が最高だと思える




最終的には、そんな人間になってもらいたい。

そう思いました。



幸せになってもらいたい。

幸せとはなに?

幸せとは、やっぱり、最終的には


他人に何を言われようと、自分自身が幸せだと心から思えたら

それが幸せなんだろうと、思います。


心の幸せです。


心が、心の底から、幸せだと思えるかどうか。

ここに尽きると思います。



そう思えるには、どのような生き方をすればいいのか。


自分のこれからの人生も含め、むすこと一緒に考えていきたいと思います。


*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

幼稚園 

最近のお友達との話題は幼稚園

3年保育にするなら、その前にプレスクールといって
本格的に通園する前に、練習のような形で月に1、2回
幼稚園によっては週に何度か通い、慣れたころに入園、といった具合で。

もちろんプレに通わなくてもいいのですが
行っておいたほうが入園できる確立が高まったり
(もちろん関係ないところもありますが)
親も園の様子を事前に確認できたりして良いシステムだとは思うのですが
他の園と重複してプレに通うことを禁止しているところもあり
親としてはいくつか通わせて選びたかったりもするのですが・・・。

あと、給食があるとか無いとか、送迎バスが出てるとか出てないとか
延長できる時間が早かったり遅かったりとか
お勉強を教えてくれるとか、遊び中心だ、とか
たとえば体調くずしてお迎えに行かなきゃならない時、家から遠いとか近いとか


それはもう何を基準におけばいいのかで親も迷ってしまう。

本格的に通うのはまだ来年の話なのに、今からもう悩んでいます


今通っている保育園にずっと居てくれれば私としては楽だが
幼稚園と保育園ではしてくれることが違うのでそれも出来ないし・・・。



出産して2年でもうこんな悩みに突入したことに驚いている暇もなく
今日もせっせと友達同士であーでもないこーでもないと話し合い

結局、親に無理がないほうがいいよね・・・という結論に。



子供に一番良い環境をつくる、ってなんて大変なことだろうとつくづく思います。

親はいいと思っていても、違う場合もあるし
かといって何も考えないで後で後悔するのもいやだし
こどもは親が知っている部分だけではなく、これから引き出される部分もあるだろうし
考えるだけでも疲れます。


でもやっぱり、疲れても失敗しても
親として後悔のないように色々やっておくしかないんだろうなぁ、と思います。


自分の親もこうやって考えてきてくれたと思うと、改めて感謝です・・・。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

正しい日本語 

あぁ、間違いじゃなかった ホッ

良かった


そう実感する出来事がありました。


それは、むすこがお風呂のドアを開けて外へ出ようとした時です。


出られた~


と彼は言いました。




むすこが生まれてから、私はさまざまなことを意識してきましたが

そのひとつに正しい日本語というものがあります。

最近、○○られる、という言い方を、あえて○○れる、という人が増えています。
テレビなどでも時々話題になっていますが
食べられる、ことを、食べれる
決められる、ことを、決めれる

時々テレビの画面下に出てくるテロップなどでも、平気でそのような日本語がかかれていたりしますが、こういうことを注意する視聴者はいないのかと思うくらい腹が立つことがあります。
こういう仕事をしている人間こそ気をつけなければいけないのではないか。
さすがにニュースなどのテロップではちゃんと訂正されていますが。


そしてまた、私が気をつけているのは、○○しな、という言葉です。

子供が生まれるまでは、友達や兄弟に、○○しなよ、という言い方をしていましたが
それまでずっと自分の母に、『~しな、なんて言葉使うのやめなさい』と
度々注意を受けていました。でも相手は友達だし、皆言ってるし、別にいいじゃない

でも、子供が生まれて、それを口にすると、なんだかヤクザな感じ。
ということで、それを止めることにしたのです。
初めは言ってしまうことが多く、言い直したりしていましたが
母の助言により、『~すれば?』とか『~しなさい』とかいう言い方に
意識して直しているうちに、最近では普通に出てくるようになりました。


~られる、を、~れる、と皆が言うようになったのも最近だと思います。
私たちも学生のころは、きちんと、~られる、と言っていたと思います。
なぜならばそれは日ごろから教科書を読んでいたから。

でも人間はやはり楽な方へ流れるのでしょう。
一度崩れた日本語を使うとこれが案外心地良い。
だから最初は気になりつつも、しばらくしたらそれが当たり前になって
気が付いたら簡単に修正できないくらい慣れすぎてしまっている。
原因はそんなところのような気がします。


だから私は最近、夫にも直してもらうよう言っていました。
子供はそのまま吸収してしまうのだから、気をつけて正しい日本語を聞かせていないと
良い悪いの判断も無くそのまま子供の言葉として受け入れられてしまうでしょう。
それから、直しなさい、と言われても子供もかわいそうです。
だから、その前に気付いたところは親自身直していかないと。
そう私は思っていたのです。


で、昨晩のむすこのこの一言。


出られる、と普通に出てきました。


・・・あぁ、間違った言い方で覚えなくて良かった



成長し、子供は親から徐々に離れていって
話す言葉も、食べるものも、何もかも親の思うようにはいかなくなるでしょう。

だからこそ、小さいうちはできるだけ、きちんとやりすぎ、くらいの方が
先々ちょうどいいのではないか?
そう私は思うのです。

結局、子供は親を見て育つのでしょうから。



むすこも、どういう中学生、高校生になるかわかりませんが
(もしかしたらものすご~く悪になっているかもしれません)
でも、親がきちんと教えるべきことを伝えていれば
大人になるころには、私たち親が厳しく言っていたこと
それが心の奥に少しでも残っていて、彼自身思いなおす
そんなきっかけになればいい、とそう思っています。



そうは言っても、今日、イライラして怒りっぽかったわたし。
・・・反省するところ、いっぱいあります。
でも親も人間だし、そう思っているなら今後は気をつけよう
そうやってまた、頑張っていこう、と思っています。


理想は理想、でもその理想に近づく努力。
それはやっぱり惜しんではいけませんね。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

地獄谷? 

昨日お友達とランチを食べに行きました。

ワンコ仲間のナジャちゃんママとミーちゃんママです。

今日は親だけのランチ。

こうやって誘ってもらえると、しんどいリハビリも、ランチに行こうという気力で
なんとか頑張って脚を動かすことができるというもの。


行った先は、横浜モアーズ

最近リニューアルして、頑張ってます。



入ったのはナビというオーガニックな韓国料理がいただけるお店。

s-DSCF3758.jpg



いや、別に、なんてことないんですが


ちょっと驚いたのでまたまた動画を撮ってしまいまして。



これです。↓

地獄谷・・・?




お恥ずかしながら私、チゲというものを初めて食べまして

あまりの驚きに思わず動画を撮ってしまいました。


味は・・・まぁまぁ。

見た目と違ってとってもアッサリしていて、期待していたコッテリ感はありませんでした。

デザートは食べませんでしたが、杏仁豆腐などは美味しそうな感じがしました。



今日もとっても寒かったので、こんな日はこういうものを食べて頑張りたいものです。

今日は助っ人2人もいたので、帰りの買い物の荷物は大助かりでした。
2人とも、いつもありがとう

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

電車よりおっぱい 

昨晩の出来事です。

お風呂からあがったむすこ。裸のままで遊びだしました。

s-DSCF3750.jpg


むすこちゃん、オムツはかないの?

はかな~い



こういう時、私はたいていこの方法で対処します。


ふ~ん、じゃあはく時ママに言ってね


すると、たいていの場合

オムツ はく! じぶんで はく!

と言ってすぐオムツをはき始めるむすこですが

昨日は

はい

と言ったまま、遊び続けています。


しばらく放っておくわたし。




こういう場合、その時の状況によって私の対応も様々ですが
時間がある時は、あえて突き放す方法をとります。

うちのむすこの場合、突き放されたほうがやる気が出るので
(そのほうが寂しくなってやるようです)


じゃあもうやらなくていいよ 

というと、たいてい 『やる!!!』 といって自分からやります。

『はいはいやりましょうね~』なんて迫っていったら逆効果なのです。


だから寂しくなるまで放っておくのですが・・・



昨日は、ぜんぜん寂しくならなかったようで


s-DSCF3755.jpg


むしろ全裸で気持ちがいいのか


s-DSCF3754.jpg


独り言を言いながら夢中になって遊んでいます。



しかも、落ち着いちゃったよ・・・


s-DSCF3753.jpg



う~ん どうしようか


いろいろ考えながら、とりあえず自分の支度をします。

いつもならこのへんで寒くなってくるはずなので

私がドライヤーで髪を乾かしているくらいの時にオムツを持ってきて

てつだって』 と言ってくるのですが、それもない。



いいくらいで寒くなってくるように暖房も控えめにしているし
さりげなく体を触ってみると少し冷えてきている。


う~ん・・・そろそろ本気で着させなければ



と考えた結果


むすこくん、パッとお着替えして、お布団で赤ちゃんごっこする?


すると 即座に

する!!!

と急いでオムツとパジャマを持ってきました。




・・・・本音は、電車よりおっぱいのほうがいいみたいです





そのうち電車のほうが良くなる日が来るのかな~

複雑だけど、なんだかこれも可愛いな、そう思った出来事でした。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

江ノ電 

先週末の連休は、鎌倉の実家に帰ってました。

むすこは江ノ電が大好きです。

実家から近い江ノ電の駅は 和田塚

江ノ電を見せに行くのは、私の父、爺ちゃまの役目です。


いつもは私の父と2人きりで行くのですが、今回はブログネタのために
頑張って私も付いていきました。

s-DSCF3628.jpg


とっっっても寒かったですが、私も父も頑張りました!
動く電車がなぜこんなに楽しいのか私にはまったくわかりませんが
とにかく何度も何度も繰り返し見、2歳のくせにこの根性スゴイです。

20090114-094719-84534300.gif

昔はこんな絵描いてあったっけ?

s-DSCF3635.jpg


ちなみに上の写真の左下に、実家で飼っているシーズーのパトが写っていますが
電車にはワンコはケージがなくては乗れません。
(この写真ではこの勢いで一緒に電車に乗っていってしまう感じですが


さぁ~そろそろ帰ろうか、と思っていたら

↓音声アリです




乗りたい!』とむすこ。

じゃぁ乗るか!』と即答してしまった私の父。

聞いていた話では、今まではずっとホームから電車を眺めているだけで満足だったようですが
やっぱりむすこ、少し成長したのか、見て満足から乗りたい願望が芽生えたようです。


え~・・乗っちゃったら、次回からずっと乗りたい、って言うよ・・?しーらんべー

と思いましたが、2歳といえども爺ちゃまがウソをついたと思わせたくなかったので
不安を抱きつつも仕方なく乗車。(パトは急いで帰宅!)


乗車しちゃったので、おまけに動画も撮っちゃいました。

↓音声アリです



江ノ電の駅と駅のあいだはとっても短いです。
歩こうと思えば歩けます。
ウォーキングしたりジョギングしたりする人も多いと思います。

若いころ友達の車が江ノ島で故障して、鎌倉の実家まで歩いたことがあります。
電車で帰ればよかったのですが、犬を連れていてケージも持っていなかったので
乗ることもできず、気合で歩いて帰ったことを覚えています。

あの時でも結構しんどかったので、今なんて余計無理だな・・・


まあでも1日かけて、海沿いをずっと歩いてみるのも楽しいかもしれません。

元気のあるかたは・・・。





江ノ電の乗っていて、私が一番好きな瞬間があります。

その瞬間を、またまた動画で撮ってみました。

↓音声アリです


乗ったことのあるひとは、大体皆この瞬間、好きなんじゃないかなぁ?


民家を間を走っていたところから、広い海の前に出た瞬間です。
このメリハリが、いいではないですか~!



江ノ電は、鎌倉駅藤沢駅をむすぶ電車です。
のんびりのんびり走るので、この間45分もかかります。
急いでいる時にはかなりイライラします。
ま、急いでいる時には江ノ電乗りませんが


このまま藤沢行ってもまた帰るのが大変なので
日本百景にも選ばれている、鎌倉高校前で降りてUターンすることに。

降りたはいいが、風がものすごい!!
海風をもろに浴びてギャアギャア言っているむすこの声がうるさいですが
またまた動画を撮ったので、この雰囲気味わってみてください。

↓音声アリです



・・・やっと電車がきました。これで帰れます

s-DSCF3681.jpg




・・・悪いけど、ママはもうすこし暖かくなったらまた付き合ってあげるね


と、今後しばらくは父に任せることを胸に誓った私でした。


*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

20年後 

昨日は成人の日でした。

自分が成人した時はどんなだったかな・・・と振り返りつつ
時が経つのは本当に早いとしみじみしたりして・・・

そしてまた、むすこはどんな20歳になるのだろうと、少し想像してみても
まったく浮かんで来ず、この子本当に大人になるんだろうか、と
なるに決まってるのにちょっと心配したりして


今年もまた、おバカそうな新成人がテレビに映っています。

人は見かけじゃ判断できないが、あの容姿はいったいなんだろう。
そしてあのバカ騒ぎ・・・。


この子達はいったいどうやって大きくなってきたんだろうと不思議に思います。

賢く立派に育てるには的な育児本も読みたいが
こうするとバカな子に育ってしまうので注意的なアドバイスが書いてある本も読んでみたい

まだ2歳の子供をしつけながらフトそう思ってしまう私なのであります。



でもとにかく

人の気持ちがわかって、人様に迷惑かけない、
何事にも屈せず努力できる、強く優しい男に育って欲しい

そう節に願う母であります・・・。


自分の20年後もどうなっているのだろう。まったく想像できません!

・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

ガマン! 

我が家では

我慢しなくてはならない時


がーまーん!がーまーん!


と両手にこぶしを作り、気を集中して大きな声でこう叫びます。


むすこが転んで泣いた時
何かを我慢しなくてはならない時
待ちきれずにグズリそうになった時・・・

がーまーん!がーまーん!

と言って、気を他に移し、楽しく我慢する、というやり方で我慢させます。

いつもいつも成功するということではありませんが
大体はこれで泣かずに済んでいます。


で、先日、私のまだ完治していない右ひざに、むすこのキックが命中した時の話


・・・・・・った~い!!!


と、あまりの痛さにうずくまっていたら


↓音声アリです




・・・とむすこ。



がーまーん・・・・・って


おみゃーがやったんじゃろがー




でもこれはむすこの口癖となっており
大きくなったら、声に出さなくても心の中でそうつぶやいてくれたら、と思ってます。

お子さんをお持ちのかた、是非お試しアレです

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

チアボーイ 

最近、むすこの動きがとっても活発になってきました。

そして、容姿は父でも、内面は確かに母の血を継いでいるであろう
こんな一面を動画にとってので、ご紹介します。


↓音声アリです。




去年のクリスマス会で遊んだ風船がうちにまだあって
いつも『もうそろそろ邪魔だなあ~いつ捨てようか』と思っているのですが
こうやって遊んでいるのを見ると、つい捨てられません・・・。


こんな風に遊べば?なんて教えたことはないのに
なんともまぁ切れの良いこの動き。
これがチアをしていた私の遺伝でなくて何なのでしょう?
リズム感もまぁまぁではないか・・・




女の子ならチアか新体操でもやらせたかった私ですが
男でも好きなら仕方ないか?
歌を歌ったり踊ったりするのが大好きなむすこ。
男だったら本当は、剣道とか空手とか、堅いスポーツをやらせたかったのですが
なんだかそれは無理そうです。


こういうところも、親の思うようにいかない・・・

そういうものなのでしょうかね?

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

赤ちゃんごっこ 

人生とは、生きる分だけ我慢や努力が必要になる
そう思っている私は、最近むすこにこのようなストレス解消法をしてあげています。

赤ちゃんごっこ です。

親と同じように、子供にも我慢していることが沢山あるでしょう。


なので、去年の終わりくらいから、私たち親子は寝る前に
赤ちゃんごっこということをします。

これはむすこが希望するときのみ行います。



読んで字のごとく、赤ちゃんになって・・・という遊びですが

赤ちゃんになるのは、むすこです。



最初思いついたのは、何気なく甘えさせてあげようと思って

赤ちゃん抱っこ~

と言って赤ちゃんにおっぱいを飲ませる時の横抱きにして
ネンネさせてあげるようにして体を揺らしてあげる

そんな風にしてあげていた時ですが


ほんとにほんとにさりげなく

おっぱい飲む?

と言ってみたら

うん

と言ってきたので

ゴクゴクゴク

と言って服の上から飲ませるフリをしたら、にこっととても嬉しそうにしました。

次の日も 『赤ちゃんごっこする?』 と聞いたら 『する!』 というので
また横抱きにして揺らしてあげました。

すると今度は、本当におっぱいを出せ、というので
え~?そこまでしちゃうの?
と心で思いながらも、なんだか拒否するのはかわいそうだし言い出したのは私なので
仕方ない・・・と思いながら
役目を終えて隠居していた私のくたびれたおっぱいを登場させてみたところ

本当に パクッ! とくわえたむすこ。


・・・・・・なんて顔をすればいいのか・・・


まさか本当にくわえるとは思っていなかったので

美味しい?

と、ニコニコ顔のむすこに動揺を隠しながら聞いてみます。

むすこくん赤ちゃんの時こうやって飲んでたよね~覚えてる?
と、期待しないで聞いてみたら

うん。おぼえてる

とくわえたままで私の顔を見て答えました。




・・・なんだか変なかんじ



断乳したのは、むすこがもうすぐ1歳になる、くらいの時だったので
まだ言葉は話せていませんでした。
だからこうやっておっぱいをくわえながら話をするなんて
なんだかとっっっても不思議で、ちょっと気持ち悪くも感じてしまいました


でもむすこはとーーーーっても嬉しそう。
それに、覚えてる、と答えてくれたことがなんだかとても嬉しくて

おっぱいを出すために食べたくないものも一生懸命食べて
パンパンに張って痛かった時もせっせと搾乳し
昼も夜も関係なく頑張ってあげていたことがちょっと報われた気がして

私もちょっと嬉しくなりました。



そして、しばらくすると満足したのか

ねる』 と言って一人でお布団へ。



ちょっと複雑な気持ちでしたが、もしかしてこれって良いかも?と思いました。
外でせがまれなければ問題ないし
むすこ自身ママにたくさん甘えられていた赤ちゃんの頃に戻って
普段ガマンして頑張っている心をちょっと開放させてあげる
そんなリラクゼーション効果があるのではないかと(勝手に思い)

そうだなぁ・・・小学生低学年くらいまでだったら

むすこが望めば、ですけど




・・・でもこれって、やっぱり男の子だけなのかなぁ?
(女の子にはあまり聞かれない話みたいですよね)




男性がおっぱい好きなのって、やっぱりこういうベースがあって

なんでしょうねぇ?きっと。

だから男って、やっぱり、あまあまなんですね 許してやるか!

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

こどもの為 とは 

昨日の『上手に生きる』の記事に、ayuiさまからコメントをいただきました。
ご配慮により管理人のみの閲覧によるコメントでしたが
私といま同じように悩んでいる方のために、少しここに抜粋して載せさせていただきたく思います。


感じ方は人それぞれだから、自分から見て上手に生きてるように映っている人も実際は、本人はそう思っていないかもしれない。


これを読んでちょっとハッとしました。

・・・たしかに、夫のように私から見たら上手に生きてそうに見えても
本人だけが感じる何かがあるのかもしれない。

実際、前に
『俺はなおみたいに出来ないから、憧れ、のようなものがあるんだなぁ、きっと』

とポツリと言ったことがあります。

自分と違うから、相手が理解できなく衝突する。
でも、真似できないからこそ尊敬もできる。

夫のことを冷たい男と思いながらも、スマートに生きるその姿は羨ましくもあり
だからこそ私は熱く人間臭い女でいたい、と思う部分もある。

でもそんな夫が、私のことを好きだという理由はやっぱり
彼の哀れむ私の『人間臭さ』であり
こんな私が、夫のことを好きだと思う理由はやっぱり
こんな私でも嫌にならずに好きを貫く、紛れもなく人間味あふれる情熱なのだろう、と。
そして彼自身、ここまで言われるほど自分は冷たいとは思ってはいません。
彼からすると、私が、熱すぎるようで
まぁ私も本当に彼が冷たい人間だったら、結婚まではできないでしょうから
本当の本当は、ちゃんと、温かい人、だとわかっているんだと思います。
それは温度差の違いなだけで。


こうしみじみ、私は思ったのであります。





子供が大きくなると益々人間関係などで悩むことがあるかもしれません。
でも子供のために、理不尽なことも親は歯を食いしばって耐えなければならない時もあるのでしょう。




そうみたいですよね。私も以前母にそう言われたことがあります。


嫌なことを我慢してやるのは、くだらないし、時間も気持ちももったいない。
我慢と見合う期待する何かがなければ、してこなかった我慢ですが
こどもを持ったらそれでは済まないようで

だから本当に、ここが、自分を育てる正念場、と言えるのかもしれません。


子供を持って、わたしは心からそう思うのです。


や~めた! と子育てを放っぽりだすわけにはいかないのです。


子育てを終えたおばさま達があんなにたくましく見えるのは
ある意味必然なのかもしれません・・・。

まぁこれは冗談ですが





昨日も、こんなことがありました。

遊びに来てくれたいつものKくん。

うちにある電車が気に入って、持って帰る、と駄々をこねました。

s-DSCF3586.jpg

こんど来たらまた遊ぼう
そんなことを言っても当然2歳の子は納得しません。
これはむすこくんの電車だからね、置いていかなきゃ駄目よ
もちろんこんなことを言ってもまだまだ納得できません。
Kのはおうちにあるでしょ?
お友達のおもちゃは新鮮だから欲しくなっちゃうのが子供です。

じゃあ、Kくんの好きなところにしまっていいよ。どこにしまおうか?
これもダメ。
むすこくんがわからないところに隠しておこう、次来た時まで隠しておいてあげるから、ね
と私が言っても、やっぱりまだ2歳じゃ意味がわからないようです。
じゃあ、おうち帰ったらブーブーで遊ぼう
彼はこの電車がいいのです。
うーん・・・どうしようか・・・
Kくんママも困り顔。

電車ね、お外出たら寒い寒いだから、ここにいさせてあげよう
なんて、もはや赤ちゃんに言うみたいにいってもここは2歳、もう効かぬ?
K、本当にダメなの。置いていこう。

あーだこーだと2人で頑張って、既に30分経過していました。


・・・でもKくんママも偉い。決して
じゃあ今日借りていこうか』、なんて言いません。
私も『じゃあ今日持って行っていいよ』とも言いません。
それは、その場しのぎでそう言っても、毎回そんなわけにはいかないし
1度許したら当然次回も駄々をこね
それはむしろKくんにとって一番かわいそうなことだと思うからです。

だからここは心を鬼にし、時間をかけてでも説得しなければ。


結局、泣き出しそれ以上に固く電車を握り締めるKくんの手から
強引ではあったけれど『さ!頑張ろう!』と言いながら
電車をうばいこの件は終了。
Kくんママの『さ、頑張ろう!』は、号泣するKくんに言いながらも
これからその相手をしなければならない自分にも言い聞かせているような
そんな声に聞こえました。
そうやって親も自分自身を奮い立たせ、ダメなものはダメ
しんどいけれど、そうやっていつも頑張っているのです。


ここはまだ2歳ですから、外に出たら気分転換され
電車のことはすっかり忘れていましたが
これ、もっと大きくなったらさらに大変だよねー説得が
とKくんママと言い合いました。
もう少し大きくなったら、強引に手から奪うことは避けたいし
説明ももっときちんと、相手が納得するようにしなくちゃいけない。
物事の良し悪しや、理解度も高まるだろうけれど、その分口も達者になって
今以上に真剣に対応しなくてはならなくなるでしょう。



これもある意味理不尽なやりとりで
わかってもらえて当たり前なことが、幼いこどもにはまだわからなくて
それをあれやこれやと説明しなだめ説得することが
どれだけしんどく面倒なことか。
これは大人の世界には見られないことです。
そういう場面があったとしても、そういう人とは付きあわないことで解決
それが大人だけの世界でしたが
子供という生き物はなぜここまで大人を追い詰めるのかと思うほど

可愛いけれど、大半がこういうシーンです。



でも、本当の愛情というものは、もっと先を見た
その場の流れだけではなくて、何がこの子にとって良いのか

ダメなものはダメだし、それを大人の感情で左右してはならない。

ダメなものは一貫して、ダメ。
子供もバカじゃないので、そんな大人の気持ちを察するはずなのです。

そう私は考えています。




あ~ ほんとに子供って大変


そう言うと私の母は

あなたもそうやって育てられたのよ

でありますので、これは私も乗り越えなければなりません。






あれからまた沢山の方からコメントいただきました。

親は子供に生きて行くための基本を教えてやれば大人のなったときに色んな場面で自分で判断して行動出来るようになるんじゃないでしょうか^^家は下の息子も20歳になりましたが、良い意味で知恵を付けているようですよ

とコメントくださったキララさま。
そうですね、小さいうちに教えなければならないことはきちんと教えて
それをして初めて、きっと親は子を信じられるのだと思いますから。
あれだけ教えてきたのだから、きっとちゃんとやってくれるはず、・・・と。

うちも厳しすぎると言われながら育てました。それが正解かどうかは、まだ分かりませんが、今はまだ間違えていないと思っています。

とコメントくださったかのこさま。

わが家は夫婦揃って厳し過ぎるのではないかと日々反省です。もっと気楽になれればいいのですが。。。

とコメントくださったYUYAさま。
こうやって頑張っているのは皆同じ。頑張りたいと思います。

考え込むと深淵に落ち込みますけど、落ち込んでばかりもいられません。這い上がらなければならないです。自力でも他力でも。自分を見失わないようにしたいですね。

とコメントくださったmatsuyamaさま。

そうですね、立ち止まっても、そこで長い間うずくまっていたらダメですね。
考えたなりにまた前へ進まないと。自分を見失わず、でも周りもよく見て。

上手に生きるって難しいですね。私は、主人から「偽善者」と呼ばれます~自分の信じた道を進んでもそう言われるとものすごく傷つきます。でも、自分の道を変える事ができません~それでいいのではないかと、最近自分に言い聞かせています

とコメントくださったコンビニさま。

時には素直に受けてとめて
自分のやり方を振り返り反省すべきところは直さなくてはなりませんが
信じた道を突き進まなければならない部分もありますよね。
人にどう言われても、良いと思えばやっぱりそれを貫きたい。
この言葉を言われた時、夫に対しても反省し、自分に対しても慰めになりました。



そして

『正義だけで逆恨みされて殺されちゃう人』
だけを考えるのではなく
『正義が無く人に恨まれて殺されちゃう人』
と考えて、前者を望む
そのように前向きに考えるべき


とコメントくださったタマハナさま。


そうですね
改めて、殺されちゃう、なんて考えたら極端な考えで
こうやって考えると
やっぱり正義は無いよりあったほうがいい、
いや、やっぱりなくてはならない、そう思いました。
それを子供に教えなくて何を教えるのか
そうとも思いました。
だから今後は自信を持って教えていこうと思います。




今後も、小さくても見逃したくない様々なことを
皆さんと一緒になって考えていけたら
とってもありがたいことだと思います。

これからもよろしくおねがいいたします。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

上手に生きる とは 

本当に、ありがたいです。


子供がいたからこそ味わえる思い、その通りです、ayuiさま。
3人の子育てを頑張っている見習うべき先輩ママみさよさま。
挨拶は大事だと共感してくださっただいぱぱさま、キララさま。
こどものためにも小さいうちからきちんと教えて、と、chiemomさま。

他コミュニティからは
難しいけれど自信を持って育てて、と、かのこさま。
疲れすぎないように気をつけて、と、eguma323さま。
同じように厳しく子育てされているというタマハナさま。
子供たちへもっと気持ちを伝えよう、と、タツさま。



本当にありがとうございました。
こんなに沢山の方からご意見いただけるなんて思ってませんでした。
正直、読み返すとなんだかやっぱりとっても堅苦しくって
全然面白くないし、えらそうなこと言ってるし
こういうことをブログに書くのってどうなんだろう?って思いましたが

でも、楽しく最高な自分の時もあるし、悩んで真面目すぎてしまう
両方の自分が自分なので、やっぱりそれは隠せない。
全部が私なのですから、正直になりたい、そう思いました。

でもこんなにたくさんの方に真剣なご意見をいただけて
本当に嬉しく思いました。

大きな励みになります。
ありがとうございました。




私は、夫からよく 『ガチンコすぎる。世渡り下手だ。』 とたしなめられます。
夫は私と正反対の人で、私のような人間は損だ、と思うようです。

でも私は私で、夫のことを、『人間味がなく、ずる賢い人』と思います。



昨日母と会った時、こういう話もしました。

『上手に生きるだけが、良い生き方だとは思わないんだけど』
と私が言うと
『でも、今の世の中、正義だけで逆恨みされて殺されちゃう人もいるのよ』
と、言ってきました。


たしかに、いけないことを注意したり、弱い人を助けようとして
逆に命を奪われたり落としたりする、そんなニュースを時々耳にします。

母はそういうことを言っているんだろうと思います。

私みたいに正しいことを言っていても、そのために悲しい結末があることがある。
そしてそれがもし、自分の子供だったらどうか。
正しいことや正義の心で育てられたむすこが、もし将来このような事件にあったら
私は親としてどう思うのか・・・。




考えて・・・考えて・・・考えて・・・




・・・でも、私は、やっぱり、それでも、むすこには


信じる生き方でやり抜いて欲しい


そう思うかも。


たとえ命を落としても・・・・

それが彼の使命で、そのことによって多くの人に理解してもらい
彼のしたことが周りの人たちに沢山の勇気を与えることになるのなら


・・・・って思うのは、やっぱりひどい親なのか・・・?


私の母は

自分の子供はやっぱりそんな風になって欲しくはないわよ

と言いました。


私は嬉しく思いました。


・・・ということは、私にこんな風に言われるむすこは
やっぱりちょっと傷つくのかなぁ?

母さんは、自分のことより、正義のほうを取るんだな
そう思うのでしょうか。



私だって、命を落とすとわかっていたら、そこまでしてまで正義を貫いてほしくはない

きっとそう思うと思います。



・・・だったら、私の母と 一緒か。




ちょっとホッとしました。自分に。








私の名前、『なお』ですが
なお、という字は、直、と書きます。

この名前を付けてくれた、私の亡くなった祖母は

素直ないい子に

そう願ってくれたそうです。



その由来通り、素直すぎて周りも困るくらいバカ正直な人間に育ってしまった私ですが


上手に生きる、ってどういうことなんでしょうね?




・・・難しいです。





でも、かたくなにならずに、沢山の方の意見を聞いて

私を取り囲むたくさんのもの、出来事から

柔軟に、色々なことを学んでいこうと思います。



これからも皆さん、お付き合いいただければ嬉しく思います。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

本当の意味での育児・育自 

あれから色々考えて・・・



なんとなく、結論のようなものが出ました。




どこまで書いていいものやら・・・





私は、私自身、とても堅い人間だと思っています。
堅すぎて、自分でも息苦しくなるくらいです。

でもそれと同時に、そんな自分を誇らしくも思う部分もあり、

今回悩んだ原因は、そんな2つの要因があったからかもしれません。



このお正月、私はある人から 『私はあなたのように厳しくはできない』
そう言われました。子育てについてです。



正直、・・・やっぱり厳しいのかなぁ・・・ と思いました。



私には私の言い分はあるし、その人にはその人の考えがあって
だから、どちらが正しい、とかそんな話をするつもりはないのですが


このたび、私はこのように立ち止まり、考え、悩みました。






今日、私を育てた、私の母と会いました。

母はこんな話をしました。来る時乗ってきた電車の中での話です。


あなたと同じくらいのママが、双子の子を連れて立ってたのね。
そしたら、座っていたおばさんがその家族に席を譲ったのよ。
子供2人も連れて、きっと大変だろうと思ったのね。
そしたらそのママ、1人の子を抱っこして座ったの。
そうしたら立たされているもう一人の子が『ボクも抱っこ抱っこ~』って泣き出して。
双子だからママももう大変よ。
しまいには『皆さんにご迷惑だから』って、途中で降りていったの。

そのおばさんもどうして席を譲るのかしら。
それなら近くにいたお年寄りに席を譲るべきなのに。
子供は立っていればいいのよ。



そう言いました。


私も、その話ちょっとおかしいな、そう思いました。

そのママも、双子なんだから、そうなるという予想はつかなかったのか?
1人の子だけ座らせたらもう一人の子が座りたがるのは容易に想像できたはず。
周りに迷惑になる、とまでわかっている人が、そんなことに気が付かないのか。

そして、私も母と同様、子供は立っていればいい、という考えです。
席がガラガラならそれでもいいけど、混んでいる場合は違います。

私は自分のむすこにそう教えるつもりでいます。


座るなら、親が座ればいい。
よく見る光景だが、親が立って、子供が座るのはなぜなのか。
もしそれで子供が『ずるい』とでも文句を言うなら
『じゃあママも立つから、あなたも立ちなさい』と、私だったらそう言います。


もし実際このような場面があった場合、他人が私を見たら
ちょっと厳しいんじゃないか、とそう思うかもしれません。
子供なんだから座らせてやればいいじゃないか。
大人しく座っているならそれでいいじゃないか、と。


でも私は、私を育てた母のその言葉を聞いたとき

厳しいかもしれないけれど、やっぱり私は私のやり方でいいのかもしれない

そう思いました。



そしてまた、母はこんな話もしました。


前に、同じように空いている席の前で、小学生らしき男の兄弟とママが立っていた時の話
子供が『座りたい』と言ったそうです。
席はガランとしていて、座る席はたくさんあったそうです。

でもそのママは言いました。
『いいのよ、あなたたちは立っていなさい。』
当然こどもは文句を言います。
『え~疲れちゃったよ』
ママは、こう言ったそうです。
『そんなんで疲れちゃったら、サッカーでレギュラーになんてなれないわよ』

その話を聞いたとき、ちょっとそのママのことを尊敬しました。
なんてスマートな言い方なんだろうか、と。

同じ『立っていなさい』でも、なんとなく子供も納得してしまうような、うまい言い方。
こんな言い方が、私にも出来るのだろうか、と。


ここで気づいたのです。


厳しくすることは大事。教えなくてはならないことはきちんと教える。
でも、もっと、無理のないように、できればもう少し優しく
正当なことを正当に言うだけでなく、その愛情が子供に伝わるように

自分ではそうしているようにしていたけれど
現に他人から見たらきつく見られる現実があるということは
やっぱり、少し子供にもきつく感じられていたのかもしれない


そう思い、なんだか少しむすこに対して
悪かったような、かわいそうなような
そんな気持ちになってしまい、少し自信を失っていました。




でも


昨日保育園にむすこを迎えに行った時のことです。

帰り際、他の親御さん数人の方とすれ違いました。

むすこは、私が『こんばんは』と挨拶する前に『こんにちは!』と大きな声で挨拶しました。
むすこはまだ、”こんにちは”しか覚えていませんが
どのような時こうやって挨拶するのかは知っているらしく
とても丁寧に、気持ちをこめて挨拶していました。
私はとても嬉しく思いました。
いってもまだ2歳です。2歳になっばかりです。
こんなに早くきちんと挨拶ができるようになったなんて
私はむすこが数字を覚えるより嬉しく思いました。


そして、夕食を食べている時、『ママのこと好き?』と聞いたら
『ぎゅ~っ!!』といって抱きしめてくれました。

お正月に言われたその言葉にひっかかっていた私は
もしかしたらむすこに圧力をかけている恐いママなのかもしれない
そう思っていた私は
とっても嬉しくて、そして気づいたのです。


この、こどもの、どんなことがあっても揺るがない親への愛情を
私はもっとわかってやらなければならない。

こどもは、どんなことがあっても、どんな親でも嫌いにはなれません。
だからこそ、親はもっとちゃんと子供のことを考えてやらなければならないと。
嫌いになれないからといって、だから何をしてもいいわけではなく
嫌いになれないからこそ、本当に子供に良いようにしてやらなければならない。






だから、お正月のあの言葉は、私にとって良かったことなのだと思います。


そしてまた、こうやって立ち止まって考え、悩むことこそが

子育て。 育児 
本当の意味での親が育てられる育自

そういう意味なんだろう、と思いました。




CAD講師という職業柄、大人相手にしていた私にとって
不完全な子供を相手にする、ということはとってもしんどくて

もっときちんとしてくれないか、とか
もっとテキパキやってくれないか、とか思うけれど

でもやっぱり自分の子供を信じたいから
ちゃんと説明して、むすこの共感のもとでなるべくむすこのペースで
むすこの無理のないようにやっていってあげなくては、と思いました。



新年早々悩んでしまってどうしよう、なんだか嫌な感じだな・・・
と思っていた私でしたが、もしかしたら
このことに気付けた上で、新しい1年が迎えられると思ったら
なんだか嬉しい、良かった、
そう思いました。


前向きに、と見守ってくださったタマハナさま、ありがとうございました。
ゆっくり考えて、とコメントくださったコンビニさま、かのこさま、matsuyamaさま
元気だして、と言ってくださったキララさま
ありがとうございました。


この先また大きな壁にぶつかることと思います。
でもそれが子育てだと思って、何かに気付くチャンスだと思って
そのつどちゃんと向き合って考えていこうと思います。

ここまで読んでくださったみなさま、ありがとうございました。

これからもどうぞ、よろしくお願いいたします。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

少し私に時間をください 

すみません。

新年早々、なんだかモヤモヤした気持ちです・・・。




前回本覚寺に行ったあと、長谷寺へのお参りや、むすこの大好きなイチゴ狩り
横浜に帰ってきてからは、チャイを連れて家族4人水入らずのお正月休みを過ごしてきましたが



実は今わたし、とっても気分が停滞していまして、そこから動けなくなっています。



最近の出来事を皆さんにご紹介しようと撮った写真を見てみても、なんだか楽しく記事を書こうなんていう気分にはなれないのです。
毎日訪問してくださる方にはとっても申し訳なく思っています・・・。ごめんなさい。


実はちょっとした出来事がありまして。




もう少し色々考えて、想いをまとめてみたいと思います。


もう少し、私に時間をください。よろしくお願いいたします。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

本覚寺 

横浜に戻ってまいりました。
昨日は疲れて、子供の添い寝が本寝になってしまい、更新できませんでした。
丸1日こどもがいると、ほんと、夜には死にますね・・・

さて、初日の出を見たほかに、どのようにお正月を過ごしたかといいますと・・・


鎌倉本覚寺へのお参りです。
我が家では毎年こちらにお札を買いにいきます。
鎌倉七福神のひとつ、えびす様に、夫の会社の『商売繁盛』のお札をいただきに。

去年までは、年越しを由比ガ浜の実家で過ごし
年が明けたら本覚寺まで歩いて行ってたのですが
今年は夫の実家に行っていたので、横須賀から本覚寺に直に行くことにしました。


横須賀から逗子海岸に出たとき、思いがけず大きくキレイな富士山を見たので
あわてて動画を撮りました!



・・・動画で見たら大したことないですが、実際とてもきれいだったんです・・・!



お正月の三が日は、滑川のところで通行止めになっているので
中に入るには住人だという証明が必要となります。

s-DSCF3328-2.jpg

なので、三が日は毎年この道はガランとしています。

s-DSCF3482-1.jpg



本覚寺です。

s-DSCF4332.jpg


s-DSCF3487.jpg

私は飲めませんが、甘酒などをいただけます。

s-DSCF3488-1.jpg



パパのお給料あがりますように!!(リアル~

s-DSCF3502.jpg


そして我が家には、福笹というものを買いました。
家内安全も祈願してくれるということで、今年はコレにしてみました。
福をくださるという福娘さんと呼ばれるかたが、このように渡してくれます

↓これだけでなんだかとっても効くような気がするのは私だけでしょうか?

音声アリです。


この笹はただの笹ではなくて、この本覚寺に生えたもので、しばらくたつと黄金色に染まり1年保つそうです。来年またお札と一緒に持ってくればよいそう。



・・・失敗しました。
これを見つけたむすこ、すっかりおもちゃ気分で
付いているお守りを引きちぎるわ振り回すわ

s-DSCF3513.jpg


う~~~ん。えびす様、怒ったかな・・・?



そしてまた今年は、こんなものを見つけました。

s-DSCF3504.jpg

波乗りえびすせんべい、ですって。
恋愛の波、仕事の波、金運の波、これを食べるといろんな波に乗れるそうです。
見た目はいたって普通のえびせんべいみたいな感じでした。


そしてまた、日陰茶屋さんの甘味も売られておりました。
s-DSCF3507.jpg




今年は午前中に来ましたが、除夜の鐘がなるころ
じつはこの通りがちょうちんの灯りでとっても神秘的になります。
可能なかたは是非来てみてはいかがでしょうか?

s-DSCF4351.jpg

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

ご利益いただいちゃってください! 

改めまして、みなさん、明けましておめでとうございます

s-DSCF3433.jpg

2009年1月1日、6時53分、横須賀・安針塚の塚山公園にて、撮影したものです。


どーーーーーしても初日の出が見たくて、杖をついて半分喘息になりながら公園をのぼり
撮ってきました

理由は、一昨年腱鞘炎になり、去年は骨折、なにかと不運続きだったこの流れを一新したく
多少無理してでも(いや、無理するくらいが効き目があるかもしれぬ)行こう行こうと駄々をこね
面倒くさがる夫をむりやり起こし、行ってきたのです。


ここは、塚山公園といって、『標高133mの小高い山の上に広がります。「かながわの景勝50選」にも選ばれているほど眺めが良く、「見晴台」からは遠くは房総半島や横浜、眼下には横須賀港などが見渡せます。桜の名所としてたいへん有名で、花のころには大勢の人でにぎわいます。
と、神奈川県公園協会の花と緑の情報サイトにも書かれているように

こーんなところまで上がって
s-DSCF0069.jpg

また、さらにこんな上まで頑張って上がって
s-DSCF0070.jpg

連れて行ったチャイは寒くて動かないし

抱っこで固まっています。
s-DSCF0043.jpg

坂道と階段をあがるということで私はブーツを脱ぎ、義母の靴と防寒用の分厚い靴下を借り
杖をつきつき、撮ってきたのです。


それもこれも今年の運気を上げるため!!!


まずは気分から、ご利益をいただきたくて拝んできました。




最初十数人だった人数も、日があがるころには数十人に増えていて
日が上がり始めて落ち着いた頃には、誰が用意したのか、お酒が振舞われていました。

s-DSCF3446のコピー


s-DSCF3436.jpg



どうですか・・・なんだかいい感じがしてきませんか?


皆さんにも、良いことが訪れますように!




帰り、今度はこの階段と坂を降りて行くのか・・・とちょっと憂鬱になっていた時

同士を見つけました!

s-DSCF0067のコピー

松葉杖2つなんて、私より重症な段階じゃないか!?
君も頑張って上がってきたのか・・・!

『おたがい頑張ろう!』とひそかに心の中でつぶやきつつ、頑張って降りました。


最後、デジカメだったのでズームは出来ませんでしたが、せっかく動画を撮ったので
載せてみます。ちょっと見に行った気分になれるかも?




今年もよろしくお願いいたします

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

祝★2009★初日の出 

20090101075546
明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願い致します。

杖をつきつき行って参りました。

皆様に御利益ありますように…。

横須賀・安針塚にて携帯で撮影
取り急ぎアップします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。