スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただの便秘を願う 

昨日から、むすこの調子が良くありません。

簡単に言うと、便秘のようです。

昨日も、1日ずっとお腹が痛かったらしく、横になってモゾモゾしているので
私もずっと彼のお腹や背中をさすってあげていました。

時々ウンちゃんが顔を出すのですが、ものすごく固くて
1~2時間に1度、コロコロと出てくるだけで、本人としてももっとちゃんと
いつものようにたっぷり出したいみたいで、私もこのような便秘は初めてなので
どうしたらよいものか・・・。

一応病院に電話して聞いてみたら、そんなに慌てることではないようですが
明日にでも先生に診てもらってみようと思っています。


子供の病院へ行くタイミングっていつも迷います。

初めての子供で、なおかつ初めての病気の場合は特にです。


母親になって初めて教えられるのは
こどもが何か非常な事態になったとき
母親はいかに冷静に、そのときの対処ができるか

すぐどうにかした方がいいのか、まず様子を見たほうがいいのか


たとえばそれも相談する人によって違ったり
専門的知識を持つドクターや看護師さんによっても少々違ってきたりします。


だから結局は、母親としての勘みたいなものに頼ることが多くなるのですが・・・。



今回も、ただの便秘であれば浣腸を使ってその後の様子を見る
(その後スッキリすればそれでいい)というガイドブックもあるし
ある看護師さんは、できれば浣腸は使わず自然で、とおっしゃる方も。


だから結局はやっぱり、母親としての勘に頼る・・しかない部分もあるわけで。



今回はただの便秘だと思うので
いや、でもこれもちゃんと明日診てもらわないと解らないですものね
そういう結果だったら良し、そうでなかったらやっぱり診てもらわないと。


とりあえず明日、先生に診てもらいます。

スッキリして帰ってこられることを願って・・・。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

スポンサーサイト

大きく育つきっかけ 

昨晩は、お隣に住む Uちゃんと一緒にお夕飯をしました。

お隣の Uちゃんは4歳で、うちのむすこより2歳お兄さんです。

Uちゃんとむすこは、なんとなく雰囲気が似ていて

Uちゃんはちょっとむすこを気に入ってくれています。



そんな Uちゃんももうすぐ本当のお兄ちゃん・・・。

ママのおなかには、あと1ヶ月くらいで生まれてくる妹ちゃん(多分)が。


写真を撮らせてと言ったら、大サービスして洋服をめくってくれました。

DSCF4415.jpg


う~ん、 それにしてももう臨月というわりには小さくない?

私の時にはこの1.5倍はあったような・・・


どんなだっけ? というわけで、彼女と同じくらいの時の私のお腹です。

20061113161800.jpg

うわ~ぉ 

やっぱりこうやってみると、男の子ってお腹が突き出てくるのね・・。

彼女のおなかはやっぱり女の子っていうかんじの柔らかそうなお腹でした。




今日の夕飯は、むすこの大好きなピザ。

・・・が来る前に野菜を用意したら、この野菜たちでお腹がいっぱいになってしまった様子?

この、丸ごと茹でたアスパラをマヨネーズでガブリするのがむすこは大好き!

DSCF4417.jpg

でも先のつぶつぶは嫌いで、下から食べます。

DSCF4424.jpg


大根の浅漬けも大好きです。

切った大根に昆布だしと塩で揉んだもの。簡単にできるのでうちではよく作ります。


今日はそれをむすこはなんと、ケチャップで食べていました!

DSCF4420.jpg




最近 Uちゃんは、心なしか よくママにくっついてくるようです。

DSCF4418.jpg


赤ちゃんが生まれると、ちょっとさびしい思いをしちゃうかも、って

わかっているのかな・・・?

少しかわいそうな気もするけど、でも、生まれてきたら

きっときっととっても可愛くて、たくましいお兄ちゃんになるんじゃないかなぁ?



だって、むすこには、こんなに優しくて、『お兄ちゃん』なのです。


お絵かきを教えてくれています。

DSCF4429.jpg


こんな風に手を握られるのも普段は嫌なのに、Uちゃんなら大丈夫なようで
むしろちょっと嬉しそうにしていました。

DSCF4430.jpg


人間は自然と大人になっていくんじゃなくって
大人になるきっかけ、っていうものがあるんでしょうね。

たとえば強くなっていくのもそう。心が大きくなっていくのも
全部、人生の中で、幾度かそういうきっかけというものがあって
それで徐々に、人間が深くなっていくんでしょうね・・・。


その、子供のきっかけ、ってものを
私たち大人が、大事に見守って、子供が大きく育つのを手伝ってやればいいのだと

また改めて思った日でもありました。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

お友達って楽しい! 

Kくんママから、お誕生日のお花をいただきました。


きれ~い

DSCF4339.jpg

お花 って、癒されます・・・

やっぱり、もらうと とっても嬉しいものですね・・・。

むすこが0歳の時、疲れた自分を前向きにしようと
一時毎日のように部屋にお花を飾っていたわたしですが
最近すっかりご無沙汰してました。
でも部屋にお花がある、ってやっぱり良いです・・・。


ほら、いいにおい!

かいでごらん~


とお子たちにクンクンさせてみます。

DSCF4342.jpg

Kくんは上手にクンクンしていました。

が、うちのむすこはまだフンフンと鼻息を噴出すのと勘違い。

でも、『いいにおい~』 と言っておりました。




最近、やっとこの2人、お互いを意識するようになり

今まではバラバラに遊んでいたのも
最近ではさりげなく近くにいたり、何かを一緒にやろうとしたり

親としてはそんな姿を見るのはなんだかとっても嬉しい。

DSCF4348.jpg

ひとりが本を持ってきたら、もうひとりがそれに興味を持ち
こんな風に一緒に遊ぶ時間を共有したりできる一瞬があります。

でも時々それがエスカレートしてケンカみたいになっちゃうんですけれどね。
一緒に遊んでもいい時と、邪魔されたと思っちゃう時があるみたいです。



ご飯を食べなくなっても、
どちらかが食べると

DSCF4345.jpg

どちらかがまた食べたくなる。

DSCF4346.jpg

2歳 って、競争意識が高くなる年頃のようです。

だから親はそのやり方を利用して、できるだけ多く食べさせようとしたりします。

DSCF4356.jpg



洗濯物をたたもうとしたら

タオル合戦が始まりました。

DSCF4368.jpg

あ~あ~・・・ と思いながらも

楽しそうだからいいか、と親も参戦。

DSCF4384.jpg

こんなこともしてみたり。

DSCF4374.jpg


お友達と遊ぶと楽しいなぁ~ って、そろそろ感じ始めてきたかな?

DSCF4381.jpg


こうやってすこしづつ、外に目が向いていくのかな。


とっても夢のある、素晴らしいことです。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

パパ、がんばる 

この間の元町・中華街に行った帰り
帰り道に寄った公園です。

ここは沢渡公園といって、横浜駅からもっとも近い公園かもしれません。
非常の時の非難場所にも指定されています。
横浜駅構内にその案内がされている公園です。

この公園に横浜市安全管理局横浜市民防災センターがあって
今回はこの施設に訪問した写真はありませんが
家族で行っても楽しめる(正しくは学習できる)内容が盛りだくさんの施設で
地震体験などのさまざまな体験が出来たり、消防服を着させてもらえたり
小さい子供には楽しい場所でもあり

時々私たち家族はここへ遊びに来ます。

s-DSCF4286.jpg

広い空が見たいな~ もしくはむすこに見せたいな~、と思った時とか
チャイも連れて散歩に来たりします。
横浜駅周辺は今も建物がバンバン建っていますので
見上げる空はどこもやっぱり小さいのであります。

最近は、TBS 土8ドラマ 『RESCUE~特別高度救助隊』での訓練撮影などで
使われているみたいです。私はそのドラマ見たことありませんが。
Kくんママが通った時に見た、と教えてくれました。

この公園の裏に消防署もあって、消防車も何台も置いてあって
言えばすぐ乗せてもらえます。うちのむすこはあまり喜びませんが

その様子は今度行ったとき、写真に撮ってアップしたいと思います。



で、今回は、帰り道にちょっと寄っていこうかという具合で。


まだまだとっても寒いので、この日も体の芯まで冷えるくらい寒く
でも、せっかくきたので、走ってみようと!

s-DSCF4279.jpg


うちのむすこはガンガン走り回ったりするタイプじゃないので
こういう時は親が体を張って手本を見せたり
ノリの悪いむすこを促したりしないといけません。

s-DSCF4280.jpg


写真左側、パパ。
わかりますか?
頑張って、これ以上飛べないってくらい飛び上がってます。

むすこ、特に反応なく、ふ~ん、・・・・って感じ。


パパ、さらに頑張ります。

s-DSCF4291.jpg


・・・でも、親が期待するような反応は特に見られず。


結局、むすこはこんなんが一番楽しいみたい。

s-DSCF4284-1.jpg


私、パパ頑張って~と心の中で応援。

s-DSCF4293.jpg


骨折するのも悪くありません。
こんなとき、楽チンでカメラだけ構えておけばいいことに
ちょっとラッキーなどと思ってしまったり。(パパごめん


近所のワンコもたくさん遊びに来ます。

s-DSCF4283.jpg


さすがに最後はパパもお疲れ・・・。
30半ばにはやっぱりキツイよね
背中がなんだか切ないです。

s-DSCF4278.jpg


帰り道はさすがにむすこも歩く気無し・・・
のところを、盛り上げて盛り上げてなんとか歩かせます!

s-DSCF4297.jpg


あともう少しで家・・・というところで

『チャイちゃ~ん!』 とかわいい声が・・・



ここでこの声がするのは、あそこしかない!?
と見上げると


s-DSCF4298.jpg


Kくんで~す

こんな車がガンガン走っているところで、よくあのかわいい声が聞こえたもんだ

私も耳もスゴイです



ほら、あそこにKくんいるでしょ?見える?

手を振ってごらん といったら彼は手を振っていましたが

視線の先は違うところを見ていたので多分わかってはいないでしょう。

私と夫が教えても、むすこにはまだKくんのおうちを見つけることは出来なく

s-DSCF4300.jpg

もう少し大きくなって、数も数えられるようになったら

ほら、下から○番上のところにKくん見えるでしょ? って

教えてあげられるのにな。




今日はパパがとっても頑張った日でした。


それにしても、夫があんなに高く飛び上がった姿

結婚して、いや、知り合って初めて見ました。

子育てのパワーってすごいもんだ。


お疲れ様。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

元町・中華街 

昨日は、むすこの追加の三種混合ワクチンを打つため、元町近くの病院へ行きました。

かかりつけは他の病院なのですが、ワクチンなどの病気でない時の病院はここに行きます。
そんな時は、病院の近くのペットショップにチャイを預け、その間にむすこは病院。
終わったらチャイを迎えに行って、そのあとみんなで元町や山下公園あたりをブラブラする

昨日もそんな予定で出かけました。



さぁ~今日も写真をガンガン撮るぞ~!と意気込んでデジカメを持って出たら
見事にメモリーカードがささっておらずガックリ
仕方ないので、デジカメの内臓メモリー内と携帯で頑張って撮りました。


この病院は、おもちゃがとっても充実していて良いです。

体温計で熱を測る時点で怖がって大泣きするむすこも
このおもちゃのおかげで測ったあとは素早く泣き止みます。

s-SH350045.jpg


無事にワクチンを打ち終わり

元町プラザの中にあるラペスカというイタリアンで昼食です。
基本的に元町はベビーカーで入れるお店が少ないので(狭かったり階段だったり)
子供が生まれてからは我が家はこの元町プラザで食事することが多いです。
中に入っているお店は正直オシャレというわけではありませんが
混んでいなくて子供が泣いても気にしなくて良いところが多いのでGOOD
おむつ替えも建物の中で可能なのでそこも良い点です。
なんせ子供がいるといろいろ余裕がないもんで
ショッピング以外の面倒なところはここで全部終わらせてしまうのが楽なのです。
お子様連れのかた、一度行ってみてください


s-SH350048.jpg




食事が終わって、チャイを迎えに行きます。

お店の名前はモトマチドックです。
お預かりは1時間500円。
見てもらっている間に爪のカット(500円)もお願いするので一石二鳥です。
預かってもらっている間、神経質なチャイは飲まず食わずで待っているので
迎えに行ったあとは、持参しているご飯を一気食いします。

その担当はむすこ。
s-SH350046.jpg



家族みんな、お腹が落ち着いたところで山下公園方面へ。


とそこで


お?


s-DSCF4315.jpg

マリンタワーが・・・

とっても綺麗になっています。

新しくなるというのは知っていたけど。

あ~なんだか本当にもう何もかも新しくなっちゃってヨコハマ
フクザツです~なんだかとってもフクザツ。
あの古臭いマリンタワー、何気に好きだったし
上にあったジャングルに迷い込んだような鳥の動物園も良かったよな~
なんでこんなところにこんな動物園が!?っていう感じが好きでした(涙)


切ない感じを引きずりつつ、山下公園内の奥の小さい公園へ。

ここには小さな滝や川があって、たくさんの階段は子供の足にはちょうどいい遊び場です。

s-DSCF4316.jpg

上から見るとこんな感じです。

s-DSCF4317.jpg


よその女の子。
これくらいの年の子は皆同じような行動をしますね。

s-DSCF4320.jpg


この公園で、小学生らしき子達が、その先生らしき男性と
何やら缶けりで盛り上がっているようでした。

懐かしい~今の時代も缶けりやるんだね~

などと夫と嬉しく話していたら・・・・。


私は聞いていなかったのですが、夫が聞いていました。

最近の子は、携帯で情報のやりとりをして缶けりやるそうです。

そんな子供たちにやられまくってダウン気味の先生をかわいそうに?見るむすこ
s-DSCF4321.jpg

時代は変わったというかなんというか・・・。

またまたちょっと切なくなってしまったわたしです。





そろそろむすこが眠くなってきたようなので、夕飯に豚まんでも買って帰ろうかと
久々の中華街です。


豚まんはここのお店で買いました。雅秀殿

s-SH350051.jpg

中身はこんな感じです。

s-DSCF4302.jpg

あんまり参考にならない写真ですがいちおう。
味はまあまあです。


さすがに疲れたので、どこかお茶ができるところは・・・
と歩き、ここを見つけました。

s-SH350052.jpg

横浜中央病院の裏手にあるレイトンハウスのビルの1Fにある CAFE168 です。

チャイを連れていると、この時期のテラスは辛いです。
でもここはテラスもありますが、建物の中にもテーブルがあって
そこは暖かいので、ゆっくりとお茶を飲むことができました。
メニューは、簡単なスナック、といった感じですが。


我が家は、けっこう頑張ってどこでもチャイを連れて行くので
夏や冬の時期の食事やちょっとしたお茶などは大変です。

昔に比べたらずいぶんとワンコ可というお店は増えましたけどね・・・。


でもやっぱり、家に置いておくのはかわいそうなんですよね

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

うれしはずかしのゴッコ遊び 

昨日は、いつものお友達が我が家に遊びに来てくれました。



まだまだ子供たちだけで何かをして遊ぶ、という年齢ではありませんが

フト見ると、なにやらうちのむすこがKくんに話しかけている様子・・・。

何を言っているのかはわかりませんが、話しかけられたKくんもまんざらでもない様子。



その模様を動画に撮ったので、載せようと思います。

↓音声アリ




むすこは、以前もこの空気清浄機のところでお店屋さんゴッコをしてまして
そのときは私がお客さんにさせられていたのですが
今日はKくんが標的となり、でもKくんもまんざらでもなく
やり方がよくわからなくもなんだか楽しそうに付き合っていたので
思わず動画を撮りました。


お互いまだなんとなく恥ずかしそうでしたが
でも関わりを持てた嬉しさもあったようです。


しょっちゅうケンカしてしまう2歳ですが
やり方さえわかれば、本当はこうやって遊びたいんでしょうね。
うまくやる方法がいつもわからないだけ。

こういう場面を見ると、そう思います。



だから、相手にすぐ手を出してしまったり物を奪ってしまったりしても
叱ってたしなめるだけでなく、子供の本当の気持ちというものも
わかってあげるといいのでしょうね。

わかってもらえると、人は素直になれる生き物だから・・・。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

意識して余裕を 

今朝のむすこ とっっってもご機嫌で
嫌がらずに通園できました。



わたしちょっと気がついたのですが

もしかしたら、もっともっと意識して

ゆっくり、もう少し適当に、1秒1秒を楽しむ感じで

そうやってむすこにも、接してやればいいのかも




私は性格上、何でもテキパキやらないと気がすまなくて

それを2歳のむすこにも同じように求めていたところがありました。

自覚はあったけど、別にそれでいいと思っていたし

ダラダラする時ももちろんあるけど、でもそれはダラダラするという目的のもと

普段の基本動作はテキパキしたいと思っているため

しょっちゅうむすこの中途半端な行動が私をイライラさせていました。



わかってはいたんです。

子供は寄り道するのが大好きだし、道だけでなく物事すべて
目的にたどり着くまでに何度も他のことに目が行くし
ご飯食べていても、遊んでいても、洋服を着ようとしても
だらだらだらだら、注意してもふざけているし
こっちは早くすませて違うことがしたい。
頭の中ではその先の先の先のことまで計画があるのに
ちっともスムーズにいかない。
仕方のないことで計画が変わっていくのは許せるけど
この子がふざけていることで影響が出ているのがどうも許せない。

もうちょっとちゃんとやってくれればこんなにイライラしないのに・・・!



もしかしたら、ここ数日、私のこんな思いが彼に通じていたのかもしれません。


だから彼は少し寂しかったのかも。

ママともっと遊びたいのに。
ふざけたいのに・・・って。

だからその寂しさから、なんとなくママと離れたくなくって
大丈夫だった保育園にも行きたくなくなっちゃったのかも・・・


ふと、そう思いました。


だからあえて昨日、ゆっくり、適当にやる時間を作って過ごしてみたのですが

それが正解だったのか、今日はとっても元気に保育園に行きました。


そしてまた送り出すとき

『むすこちゃん、今日も早くお迎え来るからね。昨日みたいにまた公園行こうね

と、ちゃんとあなたを見ている、あなたには私がいる
と気持ちを込めて言葉をかけたら、むすこは安心したようで
先生とお友達のところに元気に走っていきました。


こどもは大人が思っている以上に
とっても深く、相手の感情を受け止めるのかもしれません。


こどもの涙を見てそれに気づくなんて、親としてちょっとダメかも・・・。

でも、こっちだって人間だし、親になったのだって最近だし
こうやってささやかなことで立ち止まって考えて、それで何かに気づけば
良いのですよね。

それが育自ってやつですものね。




だから、今日も、テキパキママをあえて止めて
ちょっとダラダラモードに切り替えてみました。




こんなどうでもいいことが気になるなんて
それが子供だってわかってはいたけれど
やっぱりこれって、好奇心の塊だからなんですね。

話している時にもすかさず、空を飛ぶ鳥や、飛行機、サイレンを鳴らして走る救急車
小さく鋭いアンテナをいくつも張り巡らせて、日常を楽しんでいます。


こんな穴も気になるのね。


あ、でんでんむちむち、いるよ~ (いません)
s-DSCF4215.jpg


らいおんさん、こんにちは~ (マンションの住人のかた、失礼します)
s-DSCF4219.jpg


これ、でんち入ってないの~?
s-DSCF4220.jpg


とどかな~い
s-DSCF4224.jpg


ころんでも、血が出てなければ助けません。

がんばれ~
s-DSCF4216.jpg


今日も公園に連れて行ってやろうとして歩いていたら
途中で気が変わって違う公園に行こうと言い出したむすこ。
向きを変え違う公園に歩き出し、あと5mで着くといったとき
きゅうにまた『さっきの公園に行く』と。

・・・こういうのも私はイラッときちゃうんです。
もう、なんなのこの子は!!

でもさっきの公園はもう遠くて今から行くのは無理だと説明。

ゴニョゴニョしているので、もう家に帰ることに。

・・でも、子供はそういう生き物そういう生き物・・・と必死で心の中で唱え
家に帰った私は、気分を入れ替えるために、先にお風呂に入ることを提案しました。


そう!イライラしているときには気分を変えるしかない!


・・で、今日はお風呂を先にして、そのあとちょうどお腹も空いたむすこは
良い具合にバクバクご飯を食べてくれました。


今日のメニューは

ひじきごはん
s-DSCF4236.jpg

いつもよりお腹が空いていたのか、ものすごい勢いで食べてます。

s-DSCF4239.jpg



鶏肉とネギ炒め
s-DSCF4240.jpg

塩コショウとお醤油で味をつけただけのシンプルなものですが
このネギが美味しかったらしく、いくつもいくつも食べました。
お肉はまだ食べないので、ネギはほとんど取られ、お肉の処理は私が。


これ、なんだと思いますか?

s-DSCF4233.jpg

もずくです。

大好きなんです。

なんでしょ、この子は・・・。まぁ体には良いですが。



そして永遠に食べ続けていたのが
s-DSCF4241.jpg

小松菜とお豆腐を、醤油・砂糖・酒で味をつけたもの。

むすこは小松菜も好きです。

普通子供が嫌うもの、ほとんどむすこは好きで喜んで食べてます。

s-DSCF4248.jpg


なぜでしょう・・・。
妊娠時代、ジャンクフードばかり食べていたせいでしょうか。
生まれてくる子供の食の好みは、妊婦の好みに反する、って
これを見る限りは本当のようですね。
だってそれしか考えられません。



チャイも毎日こうやってそばに来て、おこぼれを期待します。

s-DSCF4250.jpg

こうやって脅迫じみたこともします。

じーーーーーーーっ
s-DSCF4252.jpg




今回のことで、ほんと、つくづく思います。

ママは余裕を持つべきですね。

でないと、子供に優しくできません。

余裕を持って子供を見ないと、お互いに苦しくなってしまいますね。

それはもったいないことなんだろうと思います。


私は34年間こういう性格で生きてきたので
わかっていてもすぐに直すことができません。

でも、それが自分たちのためだと思って
出来る限り、心を広く持って、あんまり一生懸命にならず



それが私の子育ての課題かもしれません。


頑張ります

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

子供を想う気持ち 

骨折してからずっと夫に連れて行ってもらっていたむすこの保育園ですが
最近はやっと杖をつかなくても歩けるようになったので
今週から私が保育園に連れて行くようになったのですが・・・。

月曜日の朝、保育園の入り口で急に入るのを嫌がったむすこ。

先生がくつを脱がないむすこの前に大好きな電車や車を並べてくれたのですが
私の足にしがみついて離れようとしません。

あまりにも嫌がるので、『今日はこのまま家に連れて帰ってあげようか』

ふっとそんな思いが頭をよぎりました。

今私は仕事をしていないので
どうしても行かせなければならない理由がありません。
だから家に連れて帰ってもいいのですが・・・

でも冷静になって、それは止めました。


ここまで連れてきた以上、引き返すと逆にかわいそうだ。
今日で通園するのをやめるわけではないのだから
保育園の入り口まで来て親の思いで行かせたり行かせなかったりするのは
それはやっぱり親の身勝手で、一度そういうことをすると
子供に変な期待を持たせてしまうことになるのではないか。

そう思って泣きわめくむすこを先生に引き渡しました。


その日は、まるで保育園に行きだした時のような
嫌がって泣きじゃくるむすこに後ろ髪を引かれる思いで保育園を出
その日1日考えてしまいました。

次の日の火曜日、心配しながら保育園に連れて行くと
その日はまったく大丈夫で、入った瞬間におもちゃの方へダッシュ。
私に『ばいばーい』と手を振り、私はとっても安心した気持ちで保育園を出ました。



もう大丈夫だろう、と思った今日
また泣きました。

月曜日ほどひどくはなかったけれど、嫌だと駄々をこね
先生が抱っこした時にはまた泣きわめく状態。

またまた後ろ髪をひかれながら保育園を出ました。


預けているあいだ、ずっと気になってしまったので
今日はいつもより早くお迎えに行ってあげることにしました。

すると、お昼寝が終わっておやつの時間にあたってしまったので
今更引き返すわけにもいかず、私もおやつに付き合うことに。


↓保育園はこういうところが良いですね。
  自分のおやつは自分で取りに行きます。
s-DSCF4151.jpg

おやつのバナナも、ちゃんと自分でむけました。

s-DSCF4149.jpg


帰るときはいつも意気揚々、軽い足取りで。
s-DSCF4153.jpg


今日は久しぶりに公園でも寄って帰ろうと思っていたので
近くの公園へ足を運びました。
骨折してから実に4ヶ月ぶりの、私とむすことチャイだけの散歩です。
今日はなんだか、グズられてもいいや、彼の良いようにしてやろう
そう覚悟を決めてきたので、ゆっくり、彼の思うまま、歩きました。


公園に着いて

4ヶ月前までは、一人であがっても怖くて降りてこられなかったこの階段も
今日はもう一人で降りてこられました。
こんなところにも私の気がつかない成長が。
s-DSCF4159.jpg


確実に成長しているのですね、こどもって・・・。


今日はまた格別に寒い日でした。
寒くてブルブルしていたチャイに
『大丈夫?寒いの?』って言ってあげて、むすこちゃん
とむすこに言ったら

s-DSCF4168.jpg

ちゃんと言ってくれました。




お家に帰って晩御飯。

今日はむすこの大好きなしいたけレンコン大根を一緒に煮た豚の角煮です。

そうです。彼はちょっと変わった2歳で
他にもごぼうとかもやしとかたまねぎとか大好きです。

s-DSCF4195.jpg

チャイは豚を狙っています。


むすこはあと青汁も好きです。

s-DSCF4199.jpg

0歳のときから飲ませていたからか、お水より好む時もあります。

s-DSCF4200.jpg

私が見ても、こんなのよく飲むわと思ってしまうほどです。
与えておいてなんですが。


食後のデザートのかぼちゃのプリン、最後にカップについた残りは
チャイに舐めさせてあげるのが彼の楽しみです。

s-DSCF4202.jpg

嬉しくてカップの底まで鼻を入れて、顔中かぼちゃで大変です。

s-DSCF4203.jpg




こどものためにどうするのが一番いいんだろう、っていつも思います。
その答えを出すのはとても難しいです。

考えて考えて、わかる時とそうでない時があります。

でも、答えなんてやっぱり無いんですよね。



保育園にやっているとかやっていないとか
一緒にいる時間が少ないとか多いとか
厳しいとか甘いとか

こどもを取り巻く環境よりも、どれだけ子供を想っているか

結局はその親の気持ちなんだろうなぁ

と思います。

いつか、その親の気持ちは、必ず子供に通じると思うので・・・。




子供のために色々考えて、悩んで、結果それが違ったとしても

それは立派な親の愛情だと思います。


だから、そうやって私も頑張っていこう

そう改めて思った、むすこの朝の涙でした。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

本気で伝える 

今日、保育園にお迎えに行った帰り道

いつもはまっすぐ家に帰るのですが、買い物がまだだったため
むすこを連れて近くのスーパーに寄ることにしました。


その途中、歌を歌ったり、ちょこちょこ走ってみたりしておどけているむすこに
私は言いました。


ねぇ、むすこくん、今日はね、これからお買い物に行かなきゃならないの


 と、いつもと違う展開にむすこは私の顔を見ます。
私は腰をかがめて、自分の顔をむすこの顔に近づけてさらにこう言いました。


むすこくん、お利口にできる?


むすこは黙っています。
私はさらに続けます。

もしお利口にできないならお買い物できないよ。どう?お利口にしてくれる?


数秒黙ったあと、『はい』 とむすこは答えました。


はい、と丁寧にお返事をしてくれても、私の中には不安は残ります。
そして、グズられた時の想像をしながらその不安とともにスーパーへ・・・。


私がカゴを持つと、すかさずそのカゴを自分で持つというむすこ。
もちろんその想定もしていたので、すかさず私は
ううん、今日はママが持つね。急がなくちゃいけないからね。
と言いました。むすこは、わかった、という態度。


店内に入り、むすこは片っ端から目に入るものを指差して

これ買う? これ買う? と私に聞いてきます。


ううん、それは買わないの。だからそこに置いておいてくれる?


そう言うと、指した指を下げ、歩き出します。


どうにかうまくいけそうだ・・・ と思っていると

最後、餃子を手に取り
これ買う? と聞くと同時にカゴに入れてきました。

その素早さに対処できなかった私でしたが、そこはまた動揺を見せずに

ううん、これもね、いらないの。むすこくん、もとに戻してくれる?

と言うと

これ買うの~ とむすこ。


そこで私

お利口にしてくれないとママ困るんだけどなぁ・・・

と言うと、数秒経った後、何も言わず元の場所に戻しに行きました。


えらい!えらいな~むすこくん!

と言いながら、私はむすこの頭を強く撫でました。


その後からは、お利口にレジを通り、お利口に家までたどり着くことが出来ました。



むすこは、私と2人きりでいる時はたいがいこのようにお利口にしてくれます。




私のことが怖いのでしょうか?

いいえ、違います。

私のことが好きだから?

母親だからもちろん好きだろうけど、それだけの理由でもないと思います。

自分で言うのもなんですが、むすこは私のことを、一目置いているのだと思います。



私はむすこに甘い顔は見せません。
駄々をこねられても、むすこの言う通りにはしません。

彼はそれを知っているのだと思います。
だから彼は、私の前で無駄に駄々をこねることはありません。

まだ小さいですから、眠かったりお腹が空いていたりして駄々をこねることはあります。
でも、だから駄々をこねても仕方ない、と内心そうは思ってはいても
そういう態度をむすこに見せることはしません。


私は、親はそうであるべきだ、と思っています。

子供の意見を尊重しても、子供の言うとおりには動かない。
子供のいいようにしてあげても、その主導権はあくまでも親に無くてはならない
と私は思うのです。



親にビクビクしながら顔色をうかがって言うことを聞け
ということではなくて

あなたの意見も聞くけれども、私は親としての考えがちゃんとある

それをきちんと伝えることです。
きっとむすこには、私のその思いが伝わっているのでしょう。



ぎゃあぎゃあ泣いている子供に 大声で愚痴っても仕方ないし
そこに親の威厳はありません。
親はまず、その子供の態度に動じない、そういう姿を見せるべきです。

そして、私はまず泣き止ませます。

泣いてちゃわからない。お口でちゃんと言って

それでも興奮してギャンギャン泣いていても、私も負けません。


むすこくん、泣いてちゃ解らないよ。お口でちゃんと言いなさい


主張したいならちゃんと言葉で言え、と私は伝えます。


するとむすこはちゃんと泣き止みます。
そして、言葉にならない声でいろいろと言ってきます。
まだきれいな日本語でないむすこの言葉は時に理解不能な時がありますが
そこはゆっくり聞いて、こちらもきちんと対応します。

そして、こちらが受け入れられる時はそうするし
受け入れられない時はきちんと説明します。
でも説明してもそこはやっぱり2歳なので、納得しないことも多いです。
それでも私は、仕方ないといって要求をのむことはしません。


たとえばご飯前に、おやつが食べたいとむすこが言います。
そんな時の私たちの会話です。

ご飯前だからダメよ

やだ~食べる~

いいえ、いけません

食べる~

おやつ食べたらご飯食べられなくなっちゃうでしょ

いいの~食べるの~


じゃぁご飯食べたらおやつ食べていいよ
(ここは嘘を言うのではなく、食後に本人が自分から言ってきたら本当に与えます。)

今食べるの~!

じゃあご飯は?食べないの?

食べない~

あっそ、じゃあ食べなくてよろしい


そうすると、たいがい

ご飯食べる~

と言います。

でも本人は本当はご飯ではなくてお菓子が食べたかったので
ご飯の食欲が沸かず、残したとします。

でもそれでもいいのです。

それを繰り返していると、むすこも学習して
理不尽な要求は通らないことを知ります。

理不尽な要求をしてくるのは、その相手をみているからです。
通る相手だと思うから要求してくる。
2歳もバカではないのです。
この子は本当にわからずやだ、そう思うとしたら
それはそう思う人間が、その子をそんな風にしているのだと思うのです。
ちゃんと言えば必ずわかってくれる、そう信じていないからです。


つまり、親としての信念は、あなたを信じている、という思いでもあるわけです。


私はあなたを信じているのよ。わかってくれると信じている。

そういう気持ちで、本気で接するのです。


あなたの言うとおりにできないのは
その方がいいと思う親としての、ちゃんとした私の考えがある。

それを伝えればいいのです。本気で


自分の子なんだから、それがわからないわけないと信じて・・・。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

新・ハマボール 

DSCF4125.jpg


こちら、新・ハマボールです。

高校生の頃、よく遊びに来ていました。

ボーリングもそうですが、当時まだカラオケというものがBOXでしかなかった時
横浜でカラオケに行くといえばハマボールの中くらいいしかありませんでした。
ハマボールの中に小さいスケートリンクがあって
そのそばにひっそりとカラオケボックスがあり
200円を入れては1曲ずつ歌う、そんなことをして遊んでいたのを思い出します。

初めてした合コンもここのスケートだったし
飲み会のあとに遊びに来ていたのもここのボウリングでした。



その思い出深いハマボールが、このたび生まれ変わるらしく

3/12OPENに向け、着々と準備を進めています。



嬉しいような、切ないような・・・。


横浜駅周辺でいつも遊んでいた私にとっては
横浜が次々と新しくなることが、正直悲しい。
思い出の場所が、私を育ててくれた場所が次々と無くなっていくのは
なんだか本当に悲しいのです。

明け暮れていたバイト先のマックも無くなったし
そごうの時計もならなくなったし(これはあまり関係ない?)
ジョイナスやシャルにいた占いのおばさん達も姿を消したし(何度かお世話になりました)
昔1杯2、300円台のラーメン屋さん『京都あかさたな』も無くなり
おこづかいの少ない高校生にとっては心強いお店でした・・・。



昔は確かに華やかではありませんでした。
いろんなお店でゴチャゴチャしてたし、全体的に古臭かったし。
どちらかといえばイケてなくて、買い物するとなれば渋谷とか下北とか。
横浜は買い物するというより、ただの駅の乗り換え通過点でした。


それが今はどうでしょう。
頑張っています。
町おこしのように頑張っているようにしか私には見えないのですが
でもとにかく頑張っているのでしょう。
沢山の有名お菓子店や飲食店、洋服や雑貨でギラギラしています。


便利にはなったけど・・・。






高校生の頃が本当についこの間みたいな感じがしてたけど

数えてみたらもう20年も前のことなのか・・・。



じゃぁ、変わるのも仕方ないことかもしれませんね。


変わらないといけないのかな・・・。




ハマボールですが

新施設は「リフレッシュ」をテーマにした、温浴施設、フィットネスクラブのほか
ボウリング場を核とした複合施設が誕生するそうです。

DSCF4127.jpg


・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

ハート♪ハート 銀座あけぼの 

今週末、むすこは一人、鎌倉のばあちゃまのところへお泊りです。


というわけで・・・



昨晩は明け方の4時ころお布団に入り、今朝は10時過ぎに起床。

誰にも起こされることなく、朝までゆっくり、手足を思いっきり伸ばして

有意義な睡眠でした・・・



食べかけの食器も、洗濯も、掃除機も なぁ~~~んにもしないで

夫と2人、ごろごろだらだら、過ごしました。


あーーーーなんて幸せなんでしょう。

なーーーーんにもしないなんて、とっっっても幸せ。



人からはアクティブに見られている私ですが
実はこんなにグータラが好きな人間でもありまして。



いーのです。
こうやって、充電しているのです。

前にも書きましたが、人間、やるときにやればよいのです。
やらなくていいときは、やらなくていいのです!





・・・・で、夕方、やっと、チャイの散歩に出ました。

買い物で横浜駅まで出たとき、この前友達に聞いたアレを見てみようと

銀座あけぼの というお店へ。



これかぁ~

SH350015.jpg


でかいとは聞いていたけど、こんなにでかいとは。

『ハート型の大きなおせんべいがあるの。
うちのバレンタイン、今年はそれにしたんだ。』

とお友達が言っていて、知らなかったので見に行ってみたのです。
これはバレンタインシーズンのみの販売らしいです。



長年横浜に住んでいて、このお店の前も何度も通っているけど
知らなかったよ・・・。いつからやっているんだろう?


この大きなハートは¥600です。
小さいハートもあります。

DSCF4120.jpg


味もいろいろあって、黒胡椒、ゴマ、サラダ、しょうゆ味と4種類。
うちのむすこは無類のおせんべい好きなので、おやつにでもと思い購入。
1枚¥126です。


おせんべいの他にも、ハート型のお菓子がいろいろありました。
ので、ためしにこれも購入。

DSCF4119.jpg

左側が ちょこどら といって、中身はチョコで、外側はもちもちした皮。
左側が、 銀恋 というマドレーヌです。このマドレーヌは常時販売されているそうです。


HPを見たら、通販もやっているそうです。
チョコレートが苦手な人にはいいですね。



そういえば、中学1年の時
好きな子の机にチョコを入れ、返事が来なかったので諦めていたら
3年になって、その時のチョコに私の名前を書き忘れていたことが判明。
その彼に好きだと言われましたが、その時はもう私は違う子が好きになっていました。


こういうのもタイミングが大事なんだと、中学生で感じた私でした。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

2歳の課題 人生の課題 

今日はバレンタインですね。

子供は関係ないですが・・・

チョコレートフォンデュはちょっと厳しい(まだチョコレートデビューしてない為)
じゃぁチーズフォンデュでもしようか、ということになりました。


昨日はお友達のRちゃんのお宅におじゃまして。

今回は4家族集まりました。
DSCF4082.jpg



チーズフォンデュ・・・たしか、ワイン入れるだよね?


でも子供も食べるから・・・と、ワイン抜きでやろうということになりました。


牛乳とお水で溶かしてみようか?


今回は突然やろうということになったので特に何も調べていなく
ずいぶん前にフォンデュのセットを買ってあるから、とRちゃんママがお鍋を用意してくれただけで、その場の勢いで始めてしまったチーズフォンデュ。


DSCF4047.jpg


とりあえず、とろけるチーズをわんさか。


電熱器で加熱していたら

DSCF4061.jpg


焦げました 底のほう



でも具材は立派です!

DSCF4057.jpg

温野菜にエビ、パプリカ

DSCF4058.jpg

パンは、Rちゃんママが用意してくれた、お手製です。





ほとんどチーズを溶かしただけのものなので
めちゃめちゃチーズが濃厚なフォンデュとなりました。

だからこんなに伸びまーーす

DSCF4073.jpg


でもほら、いちおう、こんな風に

DSCF4076.jpg



DSCF4078.jpg


わーお ちょっとチーズが固まってきたー


DSCF4079.jpg


最後はチーズの沼を掘ってました









まだひとり遊びが多い2歳の子供たちですが、1日のうち1度か2度
共通のことで楽しんだりします。

この日はかめさんごっこ

一人がやって、楽しそうだと思ったもう一人が加わって

DSCF4052.jpg

またさらに一人と

DSCF4054.jpg

こんな時は本当に子供ってかわいいなぁ、と思います。

DSCF4055.jpg




まだまだケンカが多いお年頃。

ささいなことでぶつかり合って

DSCF4051.jpg


自分の主張が通らなくて悔しくて

DSCF4062-1.jpg


どう接していいのかわからなくて

DSCF4063-1.jpg



ギャーーーーッ って叫びたくなっちゃうけど


説明したらちゃんとわかるもんね


DSCF4065-1.jpg



さっきまで泣いてたけど、立ち直りも早いの。

DSCF4068.jpg



今、彼らはひとつの壁を乗り越えようとしています。

個々の力で。



子供、大人関係なく、人とはやっぱりぶつかるものです。
自分を持っていれば、それは仕方の無いことです。
でもぶつかることが間違いではありません。
ぶつかって、その時、その後、どうするのが適切か
それを今、彼らは学び始めているのです。


ここをどう乗り切るかで、子供の色が決まっていくのでしょう。

それを手伝ってやるのが親の役目です。

諦めずに、面倒臭らずに、見てみぬ振りをせず

責任と愛情を持って、接していきたいものです。


*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

初めての懸賞・イノトンカレー 

初めて、懸賞というものに応募してみました。


当たりました。


カレーです。

DSCF3979.jpg


レトルトカレーです。


ふーん、てな感じで、ママ友達とお昼にいただきました。


DSCF3980.jpg


私の視覚の第一印象。

ん?けっこうたっぷり入ってる?

私の味覚の第一印象。

おっ?美味しいじゃん?



というわけで、とっても美味しくいただいたわけですが・・・。


正直、期待してませんでした。
カレーでしょ?レトルトでしょ?
ってな感じで・・・。


量もあったし、辛さも引き締まった中辛という具合
ルー全体に旨みが凝縮されていて濃いといった味わい
なによりも入っていたお肉が大きい!
食べ応え十分、って感じでした。



イノブタってものは初めて食べましたが
HPにも書いてあるように、確かに噛み応えや味は牛肉に似ていて
ぜんぜん違和感なく美味しくいただけました。

大手カレーメーカーでなく、地道に頑張っている地方の意気込みも伝わってきて
なんだか頑張って欲しいとも思ってしまいました。

和歌山は私の父の出身ですが、良いところです。





なんだかハマりそうです。懸賞

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

その気持ちが嬉しい 

建国記念日の昨日、実は私の誕生日でした。

それに気が付いたのは昨日の朝

いつもの時間にむすこに起こされた私でしたが、どうも腰が痛くて、気が付いたら2度寝をしていました。起きたら9時半過ぎ・・・。

リビングへ行くと、夫がむすこに目玉焼きとパンを用意して食べさせてくれていました。

ごめんねー・・・(寝ちゃって

すると、なにやら夫がむすこの耳元で

ほら、むすこちゃん、こしょこしょこしょ・・・』 とささやいています。

??なんじゃ? と思って見ていると


ハーピバーシュデー・・・


とちょっと自信なさげにむすこ。


まだ立派に歌が歌えるほどの年齢ではないので、隣から夫がフォローを入れながら
2人で一緒にハッピーバースデーの歌を歌ってくれました。


そうです。私が寝ている間に、2人で歌を練習していたようなのです。

ビックリです。

うちの夫はそんな気の利いたことが出来る男ではなかったのに
まずそれにビックリです。
正直、むすこの歌よりもそれが嬉しくて、花を買ってきてくれるよりも、ケーキを買ってきてくれるよりも、私はその、2人で歌を歌ってあげようね、というその提案に、とってもとっても感激して、眠気眼に涙いっぱいためて、こんな素敵な誕生日は初めてだ、そう思いました。

この一瞬の思いは、この先どれだけ時間が流れても、きっと忘れることはない。
そう思いました。


人の思いほど嬉しいものはない。私はそう思っています。
人が自分に何かをしてくれたら、してくれた内容よりも、何かをしてくれようと思ってくれたこと何かをするために費やしてくれたそのひととき、そういったことを想像すると、私はもうそれだけで嬉しくて、そんな風に人と関われるひとはとっても素敵な人だと思います。


気の利いたことの発想などなかった彼がこんな風になれたのも、子供ができたからでしょうか。

小さいむすこにそういう思いを教えてくれた夫に、そんな素敵な瞬間を作ってくれた夫に、今日は正直とっても感謝しました。

むすこもそんな思いを大切にしてくれる人間になってほしい。





そして、恒例の、お祝いの簡単手作りケーキ。

今日は、スポンジとイチゴのカットだけ私がして、後は全部2人で作ってもらいました。


ホイップの泡立てから・・・
DSCF4002.jpg


味見もちゃんとして・・・
DSCF4003.jpg


手がホイップだらけになる覚悟もして・・・
DSCF4012.jpg


途中で大好きなイチゴをつまみぐいしてイチゴが無くなる恐れを抱きながらもそれは無く!
DSCF4024.jpg


最後はちゃんと、ママ、と書いたプレートの意味がわかっている様子で
パパと置いてくれました。
DSCF4028.jpg


むすこからの、初めてのプレゼントです。

DSCF4031.jpg


こうやって少しずつ、あぁ、育ててきて良かったなぁ・・・と思うのでしょうか。



でも

かわいいなぁ、子供ってこんなにかわいかったんだぁ

と思うときもあれば

こんの・・・・!!△●○-”X▼◎pljらぁ!!


と思うときもあるわけで、昨日の始まり(朝)と終わり(お風呂時)は
もうギャンギャンギャンギャン泣きわめき、いい加減にしてくれ~ と
1日の中で何度も何度も私の気持ちも入れ替わるのです。


だからこそ、かわいいなぁ、と思える瞬間が貴重なのかな?


これからも頑張ります

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

苦手分野に挑戦 

昨日は、私とチャイのお友達が遊びに来てくれました。

小さいときから遊んでいた彼らも、もう成年。

こういうところからも時の経つのが早いことを実感します。

最近ではもう前のようにじゃれ合ったりしないので、ちょっと寂しい。

でもやっぱり、皆、集まると嬉しいようです。



恒例の、おやつタイム。

彼らの集中力はすごいです。

↓音声アリ




彼らは本当にけなげでかわいいです。

こーんな小さいおやつの為に、必死でいいつけを守ります。





今日はちょっと、コレを作ってみました。

DSCF3974.jpg


ピアスです。


以前ヨークシャテリアのみかんちゃんのママが、携帯デコレをしていてブログにそれを載せましたが、(そのときの記事はこちらです。時間のある方はどうぞです)彼女はこういうものを作って売ったりしています。で、今回、私の苦手分野でありますが、ちょっとやってみようかと、教えてもらって作ってみたものです。

下2つが彼女の手直ししてもらいながら出来たもの。


思っていたより難しかったです。


私は料理や工作はしますが、裁縫とかこういう細かい作業はちょっと苦手
裁縫なんて特にキライ。何が嫌いって、細かい作業が、というよりも、不意に針が刺さってきたときなんかはイラッ!ときます。いきなり、何の予告も無くチクッとされることに腹が立つのです!特にマチバリ!仮止めなんかで刺さっているマチバリの先がこれまた不意にチクッときたときなんかはイライラ~ッ!!ときます。『なんやねん!なんやねん~!』と心の中で叫んでしまいます。マチバリの先にキャップが付かないものかと本当に腹が立ってきます。


・・・というわけで(熱くなりすぎました


まぁ今回は針ではなく、ただ細かい作業、ということだけでしたので
自分のピアスでも作ってみたいという思いからちょっとチャレンジしてみたのです。


が、思っていたより大変で

何が大変って、留め金を自分でクルッと丸めるところが難しく
それによって曲がってしまったりするので要注意です。



30過ぎても指先だけはうまく扱えない自分に涙
でもそんなことできなくても立派に生きていけると開き直っているところにも涙です


あーむすこが男で良かった

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

飛び立つ飛行機に母の思いも乗せて 

先週末、特にやることが無かったので羽田に行ってきました。


遠いお空に飛んでいる小さな飛行機しか見たことの無いむすこ。

どんな反応を示すのだろうと期待し・・・。




飛び立つ飛行機を目の前で見ながら食事ができるアメリカンダイナーザ・ベイでお昼。

食事はこんな感じで、まぁ、普通です。

DSCF3918.jpg

DSCF3919.jpg


子供が食べられるものと、ちょっと時間稼ぎができるフレンチフライでもあればもうそれで良いのです。要は飛行機が見られればいいのですから。


目の前でこんな風に飛行機が飛んでいきます。

DSCF3921.jpg


思ったよりバンバン飛んでいるので、子供もギリギリ飽きずに見られるといった感じです。




外に出るとすぐ展望デッキになっています。

この日は風は冷たかったですが陽がけっこう出ていたので沢山の人で賑わっていました。

DSCF3938のコピー


いいですねぇ、飛行機。私大好きです。

DSCF3933.jpg


むすこ、パイロットにでもなってくれないかしら。

DSCF3936.jpg


でも、夫がちょっと高いところが苦手みたいです。
むすこもその血をひいていたらダメかしら。
私はぜんぜん平気だけど。

DSCF3931.jpg




電車なんかより飛行機のほうがとっても楽しくない?


もっと飛行場が家の近くにあればいいのにー。


横浜から高速に乗って来るのは、ちょっと面倒です。


DSCF3935.jpg



展望デッキは寒いので、中に入ります。

中からも見え、むしろ外より大きく、長い距離見られるので
滑走路から大きく飛び立つ様子が、暖かく見ることができます。

私はこっちから見るほうが楽しかったかなー。


あ~私も一緒にどこかへ連れ去って~~

↓音声アリ





今日は第2ターミナルのほうに車を停めてしまったのでANAばかりでしたが
次回は第1のほうに停めて、JALを見たいと思います。





そろそろ眠たくなってグズってきたむすこには、ベビーカーをちょっとお借りして・・・。


お土産物やさんの試食で静かにさせてしまいます。

DSCF3951.jpg



眠ったあとは、夫婦でちょっと空港内を散策・・・。



こんなところが今週末の過ごしかたでした。


たまにはプチ脱日常しなくちゃ!です

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

ぞうさんのぼうし 

昨晩のことです。

お風呂に入っているとき、むすこが何やらご機嫌な様子で


そうさんが~

と歌っていたので

この歌→コチラ かと思い


私もすかさず

マスクした~

と歌ったら



ちが~う!!!


と怒られました。


え?コンコンクチュンのお歌じゃないの?


と言いながらもう一度歌うと


ちあう~!
ぞうさんがわしゅれものちたの~!!



と、なぜママは分かってくれないのかと言わんばかりの悲しい顔で
怒られました。


どうやら保育園で教えてもらった歌らしく
むすこが歌っているその歌だけを聴いても、解りません。

実はこれ初めてではなく、何週間か前にも同じようなことがあって
その時と同じようになんとか話をそらしてその場を治めたのですが
そう何度も子供の期待を裏切ってはいけないと思い

調べました・・・ やれやれ


で、それらしき歌をみつけました。→こちら



しかし今は本当に便利な世の中ですね。

『ぞうさん 忘れ物した』 と検索したらすぐ出てきましたよ。


便利のような、恐ろしいような


今回も本当は、子供の口からその歌を教えてもらえたらどんなに楽しいことか
自分の知らない歌を歌って、しかもその歌を子供に教えてもらうなんて
そんなことができたらなおさら、むすこの成長を肌で感じてとっても嬉しいことと思います。

でもまだ2歳の歌というのは、歌詞もメロディーも未完成なため
その歌を知らない人間が聞いてもいまいち解ってあげられません。
そこが少し残念でしたが、でももう少し大きくなったら解ってあげられるかな?

こんなに小さな脳なのに、気づけばもう沢山の歌を覚えています。

正直驚きました。
子供って、こう見ると本当に無限の可能性を感じますね・・・。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

悩める乙女心 

まだまだ寒い日が続きますね・・・。
去年ひいた喉風邪の、第2弾のような兆しが見え隠れする今週
体がだるかったり人と会ったりして何かと忙しく、ブログ更新が少々滞ってしまいましたが
皆さんいかがお過ごしでしょうか?






妹の話です。

妹は今27歳です。独身です。

私のところに電話がありました。電話がかかってくるのは久しぶりです。



普段は私が実家に帰ったとき、いたら『あぁ、元気?』というくらいで
お互いの近況は、お互い母から間接的に聞く程度で
私たちがじかに関わるということはまずないのですが・・・

だから彼女から『話したい』と連絡があるときは大抵普通じゃないときで
私もそのときばかりは期待される大役をはたそうと気合を入れて会うわけですが




27歳、独身。




私も思い返せばいろいろありました。

なんでしょう、女の26、27、28歳、ってあの辺の年頃ってわたしが思うに

異次元?異空間?うまい言い方が見つからないけれど
下手したら妖精でも見えてしまうのではないかというくらい特別な
感覚や感情が芽生えたり、地に足がついていないというか
いつも何かを考えているというか、常に黒くドロドロとした正体の知れぬ何かに追われているような、果てまでも迫ってくる大きな孤独というか・・・

とにかく、人生の中で何度か訪れるだろう特別な年頃だと私は思うわけで

彼女はその真っ只中にいるわけなのです。





つまりこういうことです。


一言で言えば、彼女は孤独を感じているのです。
そして不安、恐怖、寂しさです。




もっと簡単にいえば

結婚したいのです。子供が欲しいのです。
良い相手が欲しいのです。幸せになりたいのです。


でもなれない。
自分の望むような幸せが訪れない。


そしてまた、まわりからの様々なプレッシャー。
友達は次々に結婚していき、姉は子供を生み
親からは、早く身軽になりたい、と思われ、そう悩みながらも仕事に追われる毎日。

休む時間も考える時間もない中でただひたすら気持ちだけがもがく。




・・・彼女は口にしないけれど、きっとこんなところだと思います。





私も彼女と同じ27歳のころ
輝かしい青春時代の7年という長い時間を費やした男性と別れ
自分のお尻をたたくように仕事に没頭し
女友達とお酒を飲んでは、1人で人生を送る楽しさを必死に思い描きながら
今の苦しさを溶かすように啓発本を読みあさりました。

そんながむしゃらに生きた27歳の冬に、今の主人と出会ったわけですが・・・



人生とは本当にわからないものです。







彼女は私の妹で
だから何とかしてあげたい。
できることなら私が相手を見つけてきて彼女に贈ってあげたい。



でも違うのです。
私は違うと思うのです。



大体、思い返せば、私の結婚は奇跡ともいえるくらいのもので
そもそもこういう想定は私の人生設計の構図にはなく
だからともいえる電撃並みの衝撃的な結婚だったわけですが

だからこそ思えることなのですが



私も一時彼女と同じでした。

7年付き合っていた彼にすべてを期待し、よりかかりたいと願っていた私。

でも結局よりかかれなかったので最終的に別れという形になりましたが

私も、恋愛・結婚という形で誰かによりかかりたかったわけです。

誰かによりかかり、安心を得たかった。

それは悪いことではありません。

女なら誰もが望むことです。

そして、そうできるのはとっても幸せなことです。

だから、そう望むことを否定しているわけではありません。




でも、そればかりを期待し、そればかりを待つということは
人生も、自分も、無駄にしていることになるのではなかろうか。
私が27歳のころ、そう気づいたのです。

結婚をあきらめた訳ではありませんでしたが
結婚というものに縛られて、結婚できない自分を嘆くこと
そのこと自体がとても嘆かわしいことではないか
そう思ったのです。

だから私は私自身を愛してやることにしました。
自分自身に自信をつけて、自分自身によりかかろうと思いました。
それでいい、そう思いました。



すると不思議なものですね。
神様がご褒美をくれたのでしょうか。
『よく頑張ったね、でももう ちょっと楽になっていいよ』 と
私にはそう言われたような、そんな感じがしたものです。



お姉ちゃんは結婚して子供までいていいじゃないか

内心彼女はそう思っているかもしれません。


だから私は説明しました。

私だっていろいろあった。
何もしないで今の幸せがあるわけじゃない。と。


彼女は納得しました。
そうだったんだ、という目をしていました。



不安でまだまだ自信がつかないなら
私たち家族によりかかればいい。
縁のない男によりかかろうとして馬鹿な傷つき方をするくらいなら
自分自身を愛してやりなさい

そう言いました。


姉が妹に出来ることなんてたかがしれているけれど
こんな考えがあるというひとつの話をしてやることくらいしかないけれど


彼女自身これが、いろんな意味での転機として
今後の人生の何かになれるのであれば
それは姉としてちょっと嬉しいことで


陰ながら、でも彼女が望むなら大きな日向となって
その運命の人とめぐり合えるまで私が支えてやれれば

今はそう思っています。

気持ちをたくましく持って、頑張って欲しい。

そう願います。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

津久井浜イチゴ狩り 

そういえば、今年はお正月早々イチゴ狩りへ行ったのでそれを載せようと思います。

行ったのは、横須賀の津久井浜観光農園

新年明けたばかりの2日にイチゴ狩りなんて、きっと私たちくらいだろうと思っていたら
案外たくさんの人が来ていました。ビックリ

イチゴ狩りなんて、高校生以来だよ・・・と思いながら内心私もワクワク。
無類のイチゴ好きのむすこがどんな食べっぷりを見せてくれるのか
当然元とってくれるんでしょう的な期待を抱きつつ到着。


ちなみに、うちのオット様はイチゴ狩りに行った小さい時分
洗ってないから食べられない、と食べるのを嫌がったそう。
そういえばむすこも、1歳のころはちょっと手にご飯粒がついただけで
あ~あ~(取って~』 と訴えてきたので、そのたび
大丈夫!アムッて食べちゃいなさい』 とわざわざ食べさせていたくらいです。
男の子なんだからいちいち細かい汚れを気にするようじゃいけません!
汚れた手を自分の洋服になすりつけるのは嫌ですが・・・。
そのおかげか、最近では気にしなくなりました。



初めてのイチゴ狩り・・・。
着いて早々、たーくさんのイチゴにむすこの目がキラキラ

なんでこんなところにイチゴが!? ってなところでしょうか

DSCF3573.jpg

早速ひとつ食べて、ニヤリ



小さいのはまだ赤ちゃんだから、置いておこうね とパパが指導。

DSCF3555.jpg

とってもとっても嬉しそう。テンションかなり上がってました。

DSCF3543.jpg


食べて

DSCF3548.jpg

食べて

DSCF3572.jpg

むすこに食べさせるので必死で、私はいったいいくつ食べたか・・・

家では小さく切って与えているのに、ここでは丸ごと1個そのまま口に放り込んで
よっぽど美味しかったのか、それだけで連れてきたかいがあったってなもんで。



最近、周りにいる人に愛想をふりまくようになったむすこ。
特に若い女性は、みな自分をかわいいと思ってくれていると思うのか
目が合うと恥ずかしがったりおどけてみせたりします。
こういうところを見ると、だんだん知恵がついてきているだな~と思ってしまう。

でもずっとそれをやっているので、親としては 『いい加減にしろっ!』 って
突っ込みたくなってしまうんですが
仕方ありません。子供なんてみなそんなですよね



大好きなイチゴをいーーーーっぱい食べたら
今度は私が使っている杖で遊ぼうとするむすこ。

時々思い出したようにこれで遊びたがるのです。

DSCF3576.jpg


で、うまく扱えなくて最後はイライラしちゃうんですけれどね




でも、親の思惑通り、めいいっぱい喜んでくれました!

DSCF3565.jpg


また行こうね

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

想像する 

私は、自分のむすこを 『こんな風に育てたい』 と思っているひとつに

想像力の豊かな子

というのがあります。



私は基本的に、想像力の豊かな人は、きちんと考えられる人間だと思っています。
想像力の豊かな人は、相手がどう思っているのか、これをしたらどうなるのか
考えることが出来ます。

だから、人に理解されない行動をとったり、言ったりする人は
つまり想像力に欠ける人である、とも思うわけです。

だから私は、むすこに、よく考えることを教えています。
詳しく言えば、まだ小さいので、考えることを手助けするように、むすこの心を誘導して教えています。

たとえば、テレビで動物をいじめているシーンがあったら
『あら!かわいそうねぇ、こういうことしちゃいけないよね、とってもかわいそう』
ね、むすこちゃんはどう思う? といった感じで考えさせてみる感じです。

まだ2歳になったばかりのむすこですが、日々その成果を表しているこの頃。


それが分かったのは、このパズルです。

DSCF3876.jpg



この絵を見て、むすこは

ぼくものりたいなぁ~ ね

と、この男の子がそう言ってるよ、という感じで言いました。




そして、チャイが遠吠えをしている時

ちゃい さびしいの?

とチャイに聞いていました。

チャイがなぜ遠吠えをするのかはこちらをご覧ください


いずれも、前に私がこうむすこに言ったことがあります。

(パズルの絵を見ながら)
この子、ボクも乗りたいなぁ~ って言ってるよ

(遠吠えしているチャイをなでながら)
チャイ、寂しいんだって
大丈夫だよ~、ぼくがいるからね~、って言ってあげて、むすこちゃん
と言うと、むすこも真似して言っていました。


彼はこれを覚えていたのでしょうか。
覚えていて、それを言っただけなのか。
私にそう言われて気づいて、彼自身そう思うようになったのか
それは定かではありません。

でも、この2つの言葉は確実に彼の思いとして彼の口から出てきたような感じがします。



そしてまた、えっこらえっこら階段の昇り降りをしている私を見ると

まま、がんばって

と言ってくれました。


正直、私は驚きました。

2歳になったばかりで、まだまだ赤ちゃんに近いと思っていたけれど
もうこんなことも分かるんだ・・・

2歳をあなどっていた自分に焦りました。


・・・もう下手なことは言えませんね・・・



相手の顔色をうかがうような子にはなってほしくありませんが
でも、相手の心を思いやれる子に育ってほしい。
そう思います。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。