FC2ブログ

いつか脱してくれると信じて 

しばらくUPできませんでした・・。

温かく見守ってくださっていた方、ありがとうございます。
そんな方たちがいてくださるからこそ、何とかブログを続けていけるというものです。

今夜は、むすこが自分の添い寝に夫を指名したもので、私に時間が与えられました。
いえ、書く時間はあったんです。でも、なかなかこの思いを整理できず
何と書いていいのやらわからず、かといってその気持ちを横に置いて
何事もないように他のことを書くこともできず・・。
結局数日、何の記事も書くこともできず数日過ぎてしまいました。

あぁこんな風に書いたら ”いったい何事か” と思われてしまいますね。
いえ、簡単に言ったら子育てのことでして・・。


詳しく説明しようにも、頭の中でまだ完全に整理できていないというか
でもそれが子育ての難しさというやつなのかもしれません。



かいつまんで言うと、最近のむすこのことで悩んでいます。
というか、参っています。ε= (´∞` )


2歳4ヶ月のむすこですが、最近とてもこだわりが強くて

自分の思うように出来なかったり、思うように相手が動かなかったり
いつもと違うことが起きたりすると、ものすごいかんしゃくを起こすのです。
それをなだめるのが大変です。(;´Д`A ```

それと、ふざけてはいけないところでふざけたりするのです。
簡単にいうと、横断歩道を渡っている最中に立ち止まってふざけてみたり
わざと道路に走って飛び出てみようと(するフリでしょうが)したり
そんな時は危険が絡んでいるので私も本気です。
引きずってでも叩いてでもして叱りますが、私の足もまだ本調子ではなく
走れないので毎回ドキドキして見張りながら。
手をつないで欲しいのですが『一人で歩く!』と言ってききません。

ついこの間までは、私の説明をじっと聞いて
それなりの納得をしてくれていたむすこですが、最近ではあまり効果がなく
すこしずつ色々自分自身に自信がついてきたからなのか
何でも自分でやりたいし、出来ると信じているようで
出来ないととってもイライラして悔しいみたいです。

でもその度ギャアギャア言われるのは正直私もしんどいし、辛いです。
笑っていてくれればかわいいのに、泣かれるとどうしてこんなにしんどいんだろう


夜中も自分で布団をはいで、寒くて起きるのか
目を覚ましては覚めてしまったことに怒り、泣き叫びます。
それが一晩に2、3度。
寝巻きで体温を調節しようにも、この季節はちょっと難しくて
着させすぎても汗かいちゃうし、薄着でも風邪ひいちゃいうし
自分にとっては寒くても、こどもにしたらちょうど良かったり
なんだかよくわからなくて、毎回賭けみたいな感じで
お布団を薄いのにしてみたり厚いのにしてみたり。


そんな感じで寝不足は続くし、精神的に疲れるし
正直この数日、参っていました。




でも、いったん止まって考えて
まだ結論は出ないし、多分ずっと出ないんだろうけど

やっぱり、いつかこういう時期を脱してくれる、と信じるしかない

これがこの子の性格か、将来大丈夫か、私の子育てが間違っているのか

色々考えてしまいましたが、そうじゃない今だからだ

自分の子なんだから大丈夫。
私も人間だからいつもいつもは無理だけれど、なるべく
そんなむすこに動じることなく、余裕を持って、流されることなく
自然にそんな彼を取り巻く負の空気を取り払うように、努めなくてはならない。




とりあえず、そんな強い気持ちの復活を願って
今日、与えられた時間に自分の気持ちを再確認。

これはこれでとりあえず私の気持ちとして、UPしようと思ったわけであります。




・・子育てって、本当に、自分との戦いですね。
向かい合うのは子供じゃない。親自身だと
むすこが魔の2歳といわれる年齢に突入し、また新たな課題です。

でもその課題が
自分を成長させてくれるか、ただ単純にイライラして悪循環になるかは
自分次第、親としてどう考えどう接するかなんでしょうね・・。

でもやっぱり親も人間です。
子を持っても、心の中じゃ、自分の親の前では立派な子供です。

わかっていても、なかなか出来ないんだなぁ・・・・・・・・・・・・・。


でも、やるしかない。
やれなくても、やっていこうと思い続けるしかない。
そういう感じなのかもしれません。



でも、ちょっとスッキリしました。

明日から、また頑張ろうと思います。

最後まで読んでくださったかた、ありがとうございます。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

スポンサーサイト