スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

親の責任 

むすこを遊ばせようと、デパートの子供の遊び場に訪れたときのことです。
今日は週末ということもあって、たくさんの親子が遊びに来ていました。
ふと見ると・・・中でも一番大きな3、4歳くらいの子供が数名、走り回っているではありませんか。
その遊び場は大して広くないので、他の子達の合間を走り抜いているといったかんじです。
私は即座に近くに張られている注意書きを再確認しました。
『大きなお子様は走らないように注意してください』
私は瞬時にいろんなことに頭にきました。
この走っている子供の親はどこにいるのか。
周りで見ている大人たちも何故その子供たちを平然と見ているのか。
目の前で見ているお店の人間も、なぜデパートの従業員に言いにいかないのか。


ちょっとおかしくないか?

私は走っている数名のうち一番大きそうな子供に『危ないから走っちゃだめだよ』と注意しました。
そしてデパートの人間にそのことを伝え、保護者に注意するように言いました。

その場の推測からして、この子達の親は近くのバーゲン品に夢中になっている様子。
こういった場合、こういう親はたいてい自分の子がそんな風だなんて事微塵も思っていないんでしょうね
だとしてもこの場合、近くにいる大人が注意するべきです。
そんなことができないなんて情けない。子供にも腹が立ちましたが大人達にも腹が立ちました。

いつもよく遊ぶむすこのお友達のママとは、お互いの子供のため、悪いことをしたら注意し合おうね
といつも言い合っています。それが最終的には自分の子供のためにもなるのです。
私の夫は『ママを怒らせたら怖いんだぞ~』とふざけていましたが、私の夫にもそのような大人でいてほしいと私は願います。
むすこにはそんな姿を見て育って欲しいからです。

今日はちょっと真剣な話ですが、私が子育てで大事にしている『悪いことは悪い』という
それを教えるのは親の責任だということ、改めて自分にも言い聞かすという意味でも
書かせていただきました。
世の親御さま達、我が子の友達は我が子をも育てます。これを見たうちのむすこのお友達のママ達も、悪いことをした時はどうぞむすこを叱ってやってください。お願いします。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

●小さくてまだわからないからこそ今が大事です!●

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://atsunao.blog74.fc2.com/tb.php/163-7f78c66e

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。