スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

むすこ、初めての保育園 

ご無沙汰していた間に、実は骨折事件だけではなく
我が家ではさまざまな変化があったわけで・・・。
ご無沙汰してしまったのは、そんないろいろな理由からでもあったわけです。

まず、息子を保育園に入れました。
最初はリフレッシュ一時保育です。
週1回 9:30~12:30までの3時間。お弁当を食べて帰宅です。
リフレッシュ保育なんて素敵な言葉の存在する世代に、子供を産むことができた私はなんて幸せなのでしょうか。少しでいいから育児から離れたいなんて母親の気持ちを、こんなに堂々と受け止めてもらえるシステム。やっぱり育児って大変なんです。

こどもはかわいいです。でも育児は本当に過酷です。
夜も昼もなく、大げさにいえば、トイレに行く時間も、ご飯を食べる時間も、寝る時間も、自分の生活すべてがこどものペースによって決められる現実は、本当にきびしいものです。これは、体験した人でなければわかりません。
たかが子供1人で弱音を吐くなんて情けない、と自分の母に何度叱られたことか。
でもこれが現実なのだから仕方ない。頑張って頑張って、私は自分の思う限界まで頑張りました。
で、納得のいったところで、1歳10ヶ月で、ちょっと預けてみようと思ったのです。

初日、私に与えられた自由な3時間、私はチャイと久しぶりの水入らずの時間を過ごしました。
ゆっくり散歩して、コーヒーショップで優雅な一杯・・・。
たしかに、罪悪感はありました。こうしている間もお友達たちは一生懸命育児に励んでいる。私だけこんな風にのんきにコーヒーなんぞ飲んでいていいのだろうか、悪い母親ではないだろうか、と。

12:30、お迎えの時、保育園のドアをソーッと開けて、静かに息子を見てみると・・・
不安そうな顔をしつつも、先生のおひざに座って静かにお弁当を食べている・・・
そして私と目が合うと、こちらを指差して『ママ~ッ!』と叫びました。当然ギャンギャン泣くだろうと思いきや、これで遊んだんだよ!と言わんばかりに『ブゥブゥー!』と言いながら近くにあったミニカーを差し出してきたではありませんか。
もうわたし、一気に号泣です。3時間分の罪悪感を息子がぬぐい去ってくれた気持ちで、涙が止まらなく、ただひたすら先生に『ありがとうございました、ありがとうございました』と言っていました。

あれから1ヶ月半、今むすこはほとんど毎日保育園に行っています。今は8:30~16:30頃まで。
それは私が骨折して、ほとんど何も出来ない状態になってしまったからです。
朝は夫が保育園に連れて行き、帰りは義母がお迎えに行ってくれています。
だから今私は、あんなに手に入れたかった静寂な時間を独り占めしています。が、皮肉なことに室内限定、上半身限定の自由な生活。でもまぁ、ちょっと神様がごほうびをくれたと思って、静かにこの生活も楽しみたいと思っています。

むすこに持たせているお弁当。あぁ、骨折したのがまだこんな小さなお弁当の時でよかった。
s-DSCF1663のコピー

超和食系のむすこのお弁当は、毎日、こんなミニ幕の内弁当みたいなお弁当です。
完食してくれるのは嬉しいが、たまには楽して冷凍ハンバーグとかポテトとか入れてみたい

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑●ポチッと応援よろしくおねがいします●

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://atsunao.blog74.fc2.com/tb.php/185-c35f4146

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。