スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょっとした油断 

こどもは本当に知らないうちに大きくなっています。
ついこの間まで服のサイズが80cmだと思っていたら、気がついたらもう90cmがちょうど良くなっていたりして、今も、冬用に買った80cmの下着やパジャマがもう用済みになっている状態です。

これくらいの年齢の子供が本当に難しいと思うのは、まだ充分に自分の意思を伝えることができないため、キツイや寒い暑いといった親が一番教えてほしいことを、親自身がこどもの表情やしぐさを見て判断しなければならない、といったことです。

下着なんかもあまりブカブカだと上着とこすれてうっとうしいだろうし、ゆったりしすぎるトレーナーなどは襟ぐりが大きすぎて首まわりが寒そうに見えます。たいして寒くないのにハイネックのシャツなど着させたら首ばかりが汗をかいてイライラしてそうに見える時もあります。
そしてまた、こどもは大人と違って体温が高いからといって安易に薄着にさせていると、やっぱり風邪をひいたりして『あぁ、もう一枚着させておけばよかった』と後悔したりします。

だから0歳~2歳くらいの子供を持つ親は、持ってる限りの感性をフル稼働させ、こどもに成り代わってイメージし、想像してやらなければなりません。たとえば一日の大半を屋内で過ごすときはインナーは薄めにしてアウターを厚手にしたりなど、それは下着とシャツとトレーナーと上着、それらの厚みを総合的に判断し、状況に応じて脱がせたり着させたりしなければなりません。

だから毎朝、天気予報と感覚でその日の服装を決めるのは、なかなか骨の折れることだと言えます。

でもうっかり、その基本的な仕事の手を抜いてしまうと・・・

今日みたいに熱が出てしまったりするのです。

原因は・・・

s-DSCF1826.jpg

たぶん、これを着させなかったからだと、私は思っています。

左側はスリーパーといって、パジャマの上に着させる防寒ガウンみたいなもので
右側は、レッグウォーマーです。

スリーパーは、夜明けあたりになると必ずといっていいほどはぐ布団の代わりにむすこの体温を守ってくれます。おふとん代わりなので、袖が長めで下半身も覆えるものがオススメです。
レッグウォーマーは、その時さらけ出される素足を、靴下よりやわらかく暖めてくれます。本来の使い方ではなく、つま先の方まで下ろして足をすっぽり覆うようにかぶせます。靴下とは違って足を締めつけずに冷気にさらさずにすみます。

こどもが寝ている間ふとんをかけている様をずっと見張っているわけにもいかないし、こちらも気になって熟睡できないので、考えた結果、我が家では寒くなってくると毎晩これを着させて寝かせているわけですが、
これも着させるタイミングというものがあって、最初から着させていると嫌がるので、深い眠りに入り、低い体温が維持される夜中の0時や1時ごろ、静かに着させます。

が、先週の土曜日、それをやらずに寝てしまいました。
骨折している右足は曲げることが許されていないので、今は夫に頼んでいるのですが、この日は夫も疲れて寝てしまっていて、それをわざわざ起こしてまで頼むのはかわいそうで、『今日一日くらい大丈夫かな・・・』と。

けれどたぶん理由はそれだけでもなくて、前日のふざけた食事(まともにご飯を食べずにジュースや果物ばかり食べていた)と、その日がまた一段と寒い夜だった、
そんな複数の要因が重なって、体調を壊したんだと思います。

しかもこどもの風邪は長引くので、かわいそうなことをしたなぁ~、とちょっと反省中のわたしです。

子育ての大変さはこういうところにも及んで、思いやりや気遣いも要求されることでもあります。

今日は保育園に行かず、おうちで過ごしました。
たぶん明日もこんなかんじかな~・・・

ごめんね、むすこ

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://atsunao.blog74.fc2.com/tb.php/201-537c6378

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。