スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ありがとうございます。 

前回の、『叱る、ということ』の記事ですが
さまざまな方からのコメントをいただきました。

ありがとうございます。

今日は他のことについて書こうと思っていましたが
まず、このことについてのお礼と私の気持ちを書きたいと思います。


実は、私自身、ああは書いてもやっぱり心のどこかで

厳しすぎではないか 

そう思う部分もありました。

まだ2歳なのに、こんなに小っちゃいのに可哀相ではないか

と、皆さんにそう思われるのではないかと思っていました。


でも色々な方からコメントをいただき
このことについて悩んでいるのは私だけではなく
そしてまた賛同も得られ、私は本当に嬉しかったのです。
その気持ちをまず書きたくて・・・。

コメントをくださったchiemomさま、先輩ママさまのコメントは
私を大きく勇気付けてくれました。
そして、今同じ時期の子育てをしているだいぱぱさま、うつぼさま、そしてぐりこさま。
そして、他コミュニティでコメントをいただいた韓国ドラマ恋さま、らいりさま、
matsuyamaさま、かのこさま、キララさま、タマハナさま
とっても心強く感じました。ありがとうございます。

そしてまた、会ったことはないけれど、こんな風に心通える方たちがいる
こういうことってなんて嬉しいんだろう、そう思いました。
逃げずに、考えて、不安だけど自分を信じて、むすこを信じてやってきて良かった
これからも愛情をたっぷり、子を想う気持ちをちゃんとむすこに伝えて
何事にも頑張っていこう、そう思いました。



これからも同じような境遇の方たちと一緒になって何かを考えたり勇気付けあったりし
また、違う目線での客観的なご意見、アドバイスなどをいただいて
私だけでなく皆が勇気付けられる、そんな素敵なブログになれればいいな

改めてそう思いました。



人はなんだか本当に素晴らしいですね・・・。


こういうことも、むすこに教えたいひとつです。


皆様、これからもよろしくお願いいたします。


追伸:うつぼさまがご自身のブログでマシュマロアンパンマンをしてみてくれたそうです!
    マシュマロ雪だるまもとっても可愛かったので、お時間のある方は是非見てみて下さいっ
    うつぼさま、今度は是非アンパンマンケーキをしてみてください。きっと喜ぶと思いますよ!!
    その時は是非、ご一報いただければ嬉しいです★★


次回は、葉山にあるちょっとマイナーなお店をご紹介します


*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

スポンサーサイト

Comments

ありがとう!^^

なおさん、こんにちは^^
記事内でblogへのリンク貼って下さってありがとうございますm(__)m
応援の意味で今日はこちらにコメントさせて頂きますネ!
叱るという事に関連して…“謝る”事の大切さを最近つくづく感じていたので、なおさんの記事には深く共感できました。
自分が悪いと思った時、潔く謝る事の大切さを小学生の子供と話し合っていたところだったのです。
謝る時には言い訳は一切なし!
しかし、実は子供には言えませんでしたが…
最近、謝れない大人(親)が多い事に非常に驚いています。
子供がきちんと謝る事ができるようになるためには
大人である親が実践していかなければ難しいのかもしれません。
子供にそれを教えられるのはやはり…親だけなのではないかと…感じています。
私も2人の子供がいますが、叱る時は真剣というよりも命がけです^^(笑)
大袈裟に聞こえるかもしれませんが、子供に伝える事って簡単じゃないです…だから命がけなんです。
私はまだ未熟なところがあり…涙が溢れる事もしばしば…(恥)
体張って子育てされているなおさん…ある意味私と似てます…^^;
お互いこれからも子供を温かく抱きしめながら…(ギュ~っとね!)
自分を信じて子育て頑張っていきましょうネ!
勇気のある記事に感謝!ありがとう^-^/

こんにちは♪
何があったのだろうかと、前回の記事を読ませていただきました。
子育て時代の自分を思いだしました。
私も、「正しいことはこうだ」と厳しいこともしました。
それを「うちだけうるさい」と子供に抗議されたこともあります。
でも、高校生・大学生となった今は、他の家の子育ての批判などをしたりして「自分はよかった」と言ってくれます。
子供ひとりひとり違うので難しいことではありますが、そうやって子供を思い悩む心はきっと将来のお子さんのためになりますから自信を持って。
今は、こうやってブログなどで相談できていいなあ、とちょっと「なおさん」羨ましいです^^

韓国ドラマ恋 さま♪

皆さん一生懸命子育てされているんですね・・とても励みになります。だから私も頑張らねば、と改めて思います。
今の時代人と熱くかかわるのは少し恥ずかしいことかもしれませんが、自分の子供くらいは本気の本気でかかわっていかないと、本当に大事なことを教えることは出来ないのでしょうね。本気でぶつかる親の姿は、絶対子供に伝わるし、愛情となって受け止めてくれる日が必ず来る、と私もそう思います。
少し勇気を出して記事にして良かったと本当に思いました。
コメントありがとうございましたv-398

wazowazo さま♪

先輩ママさまからのご意見は本当に励みになります。
本当ですよね、子育ては本当に過酷なもので、一人で全部抱えて頑張るのはとても酷なことかもしれません。それくらい大変なことなのですよね。一人の人間と大きく関わるのですから・・・。
でも自信を持ってこれからも頑張ります。また良きアドバイスをいただけたら嬉しく思います。
コメントありがとうございましたv-398

\(・o・)/ワア! 私の名前が!!
いろいろな子育てがあるけれど、悩みながらですよね~。
なおさんのブログを読んでいるとニコニコしてくるので、見つけられた自分を褒めましたよ♪
今度はアンパンマンケーキも挑戦してみたいな!
勝手ながら、リンクさせてもらチャいました。。。

それにしても、うちの娘はいまは「いやや~いやや~」の連発っ子。。。(;-_-) =3 フゥ いつまで続くのかしら~┐('~`;)┌

こんばんは。

過去記事を読ませて頂きました。
私もなおさんの考えにとても共感いたします。
最近は本当に叱らない親が多いです。幼稚園でも公園でも、こちらが呆れるくらい叱らない。自分が子供の頃は見知らぬ大人にも、悪さをすれば容赦なく叱られたものですが、今は他人の子を叱ろうものなら、感謝されるどころか親に逆切れされる時代ですからね・・・。

私自身はかなりキツク叱る方だと思います。もちろん娘達の為にです。
叱られずに育った子供は、いつかその子が自分が大変な思いをすると思いますよ。

うつぼ さま♪

うちも、何かと言うととりあえず『やだv-403』ですよv-390これがやっぱり2歳児ってやつなんでしょうかねぇ。
リンク、ありがとうございました♪
お互いに励ましあって、この魔の2歳を乗り越えていきましょう!!

ayui さま♪

そうですよね、私も同じこと思ってました。でも私たちのグループでは、他の子でも悪いことしたらちゃんと怒りあおうね、と話しています。それが結局はその子のためになるのですからね。子供も他の人に怒られたほうが効くものです。すべての大人が子供の教育者になってくれる昔のような日本に、また私たちの手で変えていかなくてはならないのかもしれません。
コメントありがとうございましたv-398

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://atsunao.blog74.fc2.com/tb.php/253-fd37946c

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。