スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こどもの為 とは 

昨日の『上手に生きる』の記事に、ayuiさまからコメントをいただきました。
ご配慮により管理人のみの閲覧によるコメントでしたが
私といま同じように悩んでいる方のために、少しここに抜粋して載せさせていただきたく思います。


感じ方は人それぞれだから、自分から見て上手に生きてるように映っている人も実際は、本人はそう思っていないかもしれない。


これを読んでちょっとハッとしました。

・・・たしかに、夫のように私から見たら上手に生きてそうに見えても
本人だけが感じる何かがあるのかもしれない。

実際、前に
『俺はなおみたいに出来ないから、憧れ、のようなものがあるんだなぁ、きっと』

とポツリと言ったことがあります。

自分と違うから、相手が理解できなく衝突する。
でも、真似できないからこそ尊敬もできる。

夫のことを冷たい男と思いながらも、スマートに生きるその姿は羨ましくもあり
だからこそ私は熱く人間臭い女でいたい、と思う部分もある。

でもそんな夫が、私のことを好きだという理由はやっぱり
彼の哀れむ私の『人間臭さ』であり
こんな私が、夫のことを好きだと思う理由はやっぱり
こんな私でも嫌にならずに好きを貫く、紛れもなく人間味あふれる情熱なのだろう、と。
そして彼自身、ここまで言われるほど自分は冷たいとは思ってはいません。
彼からすると、私が、熱すぎるようで
まぁ私も本当に彼が冷たい人間だったら、結婚まではできないでしょうから
本当の本当は、ちゃんと、温かい人、だとわかっているんだと思います。
それは温度差の違いなだけで。


こうしみじみ、私は思ったのであります。





子供が大きくなると益々人間関係などで悩むことがあるかもしれません。
でも子供のために、理不尽なことも親は歯を食いしばって耐えなければならない時もあるのでしょう。




そうみたいですよね。私も以前母にそう言われたことがあります。


嫌なことを我慢してやるのは、くだらないし、時間も気持ちももったいない。
我慢と見合う期待する何かがなければ、してこなかった我慢ですが
こどもを持ったらそれでは済まないようで

だから本当に、ここが、自分を育てる正念場、と言えるのかもしれません。


子供を持って、わたしは心からそう思うのです。


や~めた! と子育てを放っぽりだすわけにはいかないのです。


子育てを終えたおばさま達があんなにたくましく見えるのは
ある意味必然なのかもしれません・・・。

まぁこれは冗談ですが





昨日も、こんなことがありました。

遊びに来てくれたいつものKくん。

うちにある電車が気に入って、持って帰る、と駄々をこねました。

s-DSCF3586.jpg

こんど来たらまた遊ぼう
そんなことを言っても当然2歳の子は納得しません。
これはむすこくんの電車だからね、置いていかなきゃ駄目よ
もちろんこんなことを言ってもまだまだ納得できません。
Kのはおうちにあるでしょ?
お友達のおもちゃは新鮮だから欲しくなっちゃうのが子供です。

じゃあ、Kくんの好きなところにしまっていいよ。どこにしまおうか?
これもダメ。
むすこくんがわからないところに隠しておこう、次来た時まで隠しておいてあげるから、ね
と私が言っても、やっぱりまだ2歳じゃ意味がわからないようです。
じゃあ、おうち帰ったらブーブーで遊ぼう
彼はこの電車がいいのです。
うーん・・・どうしようか・・・
Kくんママも困り顔。

電車ね、お外出たら寒い寒いだから、ここにいさせてあげよう
なんて、もはや赤ちゃんに言うみたいにいってもここは2歳、もう効かぬ?
K、本当にダメなの。置いていこう。

あーだこーだと2人で頑張って、既に30分経過していました。


・・・でもKくんママも偉い。決して
じゃあ今日借りていこうか』、なんて言いません。
私も『じゃあ今日持って行っていいよ』とも言いません。
それは、その場しのぎでそう言っても、毎回そんなわけにはいかないし
1度許したら当然次回も駄々をこね
それはむしろKくんにとって一番かわいそうなことだと思うからです。

だからここは心を鬼にし、時間をかけてでも説得しなければ。


結局、泣き出しそれ以上に固く電車を握り締めるKくんの手から
強引ではあったけれど『さ!頑張ろう!』と言いながら
電車をうばいこの件は終了。
Kくんママの『さ、頑張ろう!』は、号泣するKくんに言いながらも
これからその相手をしなければならない自分にも言い聞かせているような
そんな声に聞こえました。
そうやって親も自分自身を奮い立たせ、ダメなものはダメ
しんどいけれど、そうやっていつも頑張っているのです。


ここはまだ2歳ですから、外に出たら気分転換され
電車のことはすっかり忘れていましたが
これ、もっと大きくなったらさらに大変だよねー説得が
とKくんママと言い合いました。
もう少し大きくなったら、強引に手から奪うことは避けたいし
説明ももっときちんと、相手が納得するようにしなくちゃいけない。
物事の良し悪しや、理解度も高まるだろうけれど、その分口も達者になって
今以上に真剣に対応しなくてはならなくなるでしょう。



これもある意味理不尽なやりとりで
わかってもらえて当たり前なことが、幼いこどもにはまだわからなくて
それをあれやこれやと説明しなだめ説得することが
どれだけしんどく面倒なことか。
これは大人の世界には見られないことです。
そういう場面があったとしても、そういう人とは付きあわないことで解決
それが大人だけの世界でしたが
子供という生き物はなぜここまで大人を追い詰めるのかと思うほど

可愛いけれど、大半がこういうシーンです。



でも、本当の愛情というものは、もっと先を見た
その場の流れだけではなくて、何がこの子にとって良いのか

ダメなものはダメだし、それを大人の感情で左右してはならない。

ダメなものは一貫して、ダメ。
子供もバカじゃないので、そんな大人の気持ちを察するはずなのです。

そう私は考えています。




あ~ ほんとに子供って大変


そう言うと私の母は

あなたもそうやって育てられたのよ

でありますので、これは私も乗り越えなければなりません。






あれからまた沢山の方からコメントいただきました。

親は子供に生きて行くための基本を教えてやれば大人のなったときに色んな場面で自分で判断して行動出来るようになるんじゃないでしょうか^^家は下の息子も20歳になりましたが、良い意味で知恵を付けているようですよ

とコメントくださったキララさま。
そうですね、小さいうちに教えなければならないことはきちんと教えて
それをして初めて、きっと親は子を信じられるのだと思いますから。
あれだけ教えてきたのだから、きっとちゃんとやってくれるはず、・・・と。

うちも厳しすぎると言われながら育てました。それが正解かどうかは、まだ分かりませんが、今はまだ間違えていないと思っています。

とコメントくださったかのこさま。

わが家は夫婦揃って厳し過ぎるのではないかと日々反省です。もっと気楽になれればいいのですが。。。

とコメントくださったYUYAさま。
こうやって頑張っているのは皆同じ。頑張りたいと思います。

考え込むと深淵に落ち込みますけど、落ち込んでばかりもいられません。這い上がらなければならないです。自力でも他力でも。自分を見失わないようにしたいですね。

とコメントくださったmatsuyamaさま。

そうですね、立ち止まっても、そこで長い間うずくまっていたらダメですね。
考えたなりにまた前へ進まないと。自分を見失わず、でも周りもよく見て。

上手に生きるって難しいですね。私は、主人から「偽善者」と呼ばれます~自分の信じた道を進んでもそう言われるとものすごく傷つきます。でも、自分の道を変える事ができません~それでいいのではないかと、最近自分に言い聞かせています

とコメントくださったコンビニさま。

時には素直に受けてとめて
自分のやり方を振り返り反省すべきところは直さなくてはなりませんが
信じた道を突き進まなければならない部分もありますよね。
人にどう言われても、良いと思えばやっぱりそれを貫きたい。
この言葉を言われた時、夫に対しても反省し、自分に対しても慰めになりました。



そして

『正義だけで逆恨みされて殺されちゃう人』
だけを考えるのではなく
『正義が無く人に恨まれて殺されちゃう人』
と考えて、前者を望む
そのように前向きに考えるべき


とコメントくださったタマハナさま。


そうですね
改めて、殺されちゃう、なんて考えたら極端な考えで
こうやって考えると
やっぱり正義は無いよりあったほうがいい、
いや、やっぱりなくてはならない、そう思いました。
それを子供に教えなくて何を教えるのか
そうとも思いました。
だから今後は自信を持って教えていこうと思います。




今後も、小さくても見逃したくない様々なことを
皆さんと一緒になって考えていけたら
とってもありがたいことだと思います。

これからもよろしくおねがいいたします。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

スポンサーサイト

Comments

こんにちは♪
いろいろ思い悩まれているのですね。
親も悩みながら大きくなるものです。
自分のことなら無視しちゃえば済むけど、子供のことだとそうはいきませんものね(><)
PTAの役員をしていた頃、ここは魔界か!と思うほどの強敵揃いでした。
でも、子育ての基本は、親が子供を大切に思うことだと思っています。
子供と一緒に遊べる時期には、楽しくたくさん遊ばないと^^

wazowazo さま♪

子育ての基本は親が子を大切に思うこと・・・
子供と一緒に遊べるときは沢山遊ばないと。
そうですよね、当たり前のことなんだけれど、そう言われて改めて、そうだなぁ、と思ってしまいました。
頑張るだけではダメですね。基本、楽しんでやらないと!
wazowazoさんの言葉、妙にシンプルに私の胸に響きました。ありがとうございましたv-398

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://atsunao.blog74.fc2.com/tb.php/262-30960d29

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。