スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

正しい日本語 

あぁ、間違いじゃなかった ホッ

良かった


そう実感する出来事がありました。


それは、むすこがお風呂のドアを開けて外へ出ようとした時です。


出られた~


と彼は言いました。




むすこが生まれてから、私はさまざまなことを意識してきましたが

そのひとつに正しい日本語というものがあります。

最近、○○られる、という言い方を、あえて○○れる、という人が増えています。
テレビなどでも時々話題になっていますが
食べられる、ことを、食べれる
決められる、ことを、決めれる

時々テレビの画面下に出てくるテロップなどでも、平気でそのような日本語がかかれていたりしますが、こういうことを注意する視聴者はいないのかと思うくらい腹が立つことがあります。
こういう仕事をしている人間こそ気をつけなければいけないのではないか。
さすがにニュースなどのテロップではちゃんと訂正されていますが。


そしてまた、私が気をつけているのは、○○しな、という言葉です。

子供が生まれるまでは、友達や兄弟に、○○しなよ、という言い方をしていましたが
それまでずっと自分の母に、『~しな、なんて言葉使うのやめなさい』と
度々注意を受けていました。でも相手は友達だし、皆言ってるし、別にいいじゃない

でも、子供が生まれて、それを口にすると、なんだかヤクザな感じ。
ということで、それを止めることにしたのです。
初めは言ってしまうことが多く、言い直したりしていましたが
母の助言により、『~すれば?』とか『~しなさい』とかいう言い方に
意識して直しているうちに、最近では普通に出てくるようになりました。


~られる、を、~れる、と皆が言うようになったのも最近だと思います。
私たちも学生のころは、きちんと、~られる、と言っていたと思います。
なぜならばそれは日ごろから教科書を読んでいたから。

でも人間はやはり楽な方へ流れるのでしょう。
一度崩れた日本語を使うとこれが案外心地良い。
だから最初は気になりつつも、しばらくしたらそれが当たり前になって
気が付いたら簡単に修正できないくらい慣れすぎてしまっている。
原因はそんなところのような気がします。


だから私は最近、夫にも直してもらうよう言っていました。
子供はそのまま吸収してしまうのだから、気をつけて正しい日本語を聞かせていないと
良い悪いの判断も無くそのまま子供の言葉として受け入れられてしまうでしょう。
それから、直しなさい、と言われても子供もかわいそうです。
だから、その前に気付いたところは親自身直していかないと。
そう私は思っていたのです。


で、昨晩のむすこのこの一言。


出られる、と普通に出てきました。


・・・あぁ、間違った言い方で覚えなくて良かった



成長し、子供は親から徐々に離れていって
話す言葉も、食べるものも、何もかも親の思うようにはいかなくなるでしょう。

だからこそ、小さいうちはできるだけ、きちんとやりすぎ、くらいの方が
先々ちょうどいいのではないか?
そう私は思うのです。

結局、子供は親を見て育つのでしょうから。



むすこも、どういう中学生、高校生になるかわかりませんが
(もしかしたらものすご~く悪になっているかもしれません)
でも、親がきちんと教えるべきことを伝えていれば
大人になるころには、私たち親が厳しく言っていたこと
それが心の奥に少しでも残っていて、彼自身思いなおす
そんなきっかけになればいい、とそう思っています。



そうは言っても、今日、イライラして怒りっぽかったわたし。
・・・反省するところ、いっぱいあります。
でも親も人間だし、そう思っているなら今後は気をつけよう
そうやってまた、頑張っていこう、と思っています。


理想は理想、でもその理想に近づく努力。
それはやっぱり惜しんではいけませんね。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

スポンサーサイト

Comments

なおさん、こんばんは~。
僕も子供たちに使う言葉には、
前向きな気持ちになるように
気をつけています!
すると、自分まで前向きになるから
気持ち良いですね~♪

なおさん!
コメント有難うございました。

言葉遣いって大事ですね。
氏より育ち?って言われる所以ですが
人生の中で小さいときの育ちが
本当に大切だと思います。
まあ、うちの場合、娘2人どうか!って言われると耳が痛いですが(笑)
親の意識は大切ですよ。
子育て大変でしょうけれど
がんばってくださいね
応援ぽち

こんばんは~!

今日の記事もとても考えさせられました。
私自身、正しい日本語を使いこなせている自信がないので恥をかかないようにしなければ・・・と思いました。

女の子なので、特に言葉が汚いと容姿云々以前の問題ですからねv-12

タツ さま♪

そうですよね!話す言葉によって、行いも変わってくるような気がします。言葉は不思議な力があるし、その力を良い方向に使うことができれば良いですよねv-398

らいり さま♪

ありがとうございますv-398
やはり、子を持つということは、その人間の人生に関わる、ということなので、その子に伝わるだろうことはなんでも気をつけてあげないといけませんよね。それが親の責任だ、と。

ayui さま♪

そうですよね、言葉使いでかなりその人の人柄が出ますものね、それだけで得になったり損になったりしますよね、バカ丁寧な言葉使いは必要ないけれど、バカに見られる言葉使いは損になるので気をつけたほうがいいですよね。v-398

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://atsunao.blog74.fc2.com/tb.php/272-4fcc30be

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。