スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子供を想う気持ち 

骨折してからずっと夫に連れて行ってもらっていたむすこの保育園ですが
最近はやっと杖をつかなくても歩けるようになったので
今週から私が保育園に連れて行くようになったのですが・・・。

月曜日の朝、保育園の入り口で急に入るのを嫌がったむすこ。

先生がくつを脱がないむすこの前に大好きな電車や車を並べてくれたのですが
私の足にしがみついて離れようとしません。

あまりにも嫌がるので、『今日はこのまま家に連れて帰ってあげようか』

ふっとそんな思いが頭をよぎりました。

今私は仕事をしていないので
どうしても行かせなければならない理由がありません。
だから家に連れて帰ってもいいのですが・・・

でも冷静になって、それは止めました。


ここまで連れてきた以上、引き返すと逆にかわいそうだ。
今日で通園するのをやめるわけではないのだから
保育園の入り口まで来て親の思いで行かせたり行かせなかったりするのは
それはやっぱり親の身勝手で、一度そういうことをすると
子供に変な期待を持たせてしまうことになるのではないか。

そう思って泣きわめくむすこを先生に引き渡しました。


その日は、まるで保育園に行きだした時のような
嫌がって泣きじゃくるむすこに後ろ髪を引かれる思いで保育園を出
その日1日考えてしまいました。

次の日の火曜日、心配しながら保育園に連れて行くと
その日はまったく大丈夫で、入った瞬間におもちゃの方へダッシュ。
私に『ばいばーい』と手を振り、私はとっても安心した気持ちで保育園を出ました。



もう大丈夫だろう、と思った今日
また泣きました。

月曜日ほどひどくはなかったけれど、嫌だと駄々をこね
先生が抱っこした時にはまた泣きわめく状態。

またまた後ろ髪をひかれながら保育園を出ました。


預けているあいだ、ずっと気になってしまったので
今日はいつもより早くお迎えに行ってあげることにしました。

すると、お昼寝が終わっておやつの時間にあたってしまったので
今更引き返すわけにもいかず、私もおやつに付き合うことに。


↓保育園はこういうところが良いですね。
  自分のおやつは自分で取りに行きます。
s-DSCF4151.jpg

おやつのバナナも、ちゃんと自分でむけました。

s-DSCF4149.jpg


帰るときはいつも意気揚々、軽い足取りで。
s-DSCF4153.jpg


今日は久しぶりに公園でも寄って帰ろうと思っていたので
近くの公園へ足を運びました。
骨折してから実に4ヶ月ぶりの、私とむすことチャイだけの散歩です。
今日はなんだか、グズられてもいいや、彼の良いようにしてやろう
そう覚悟を決めてきたので、ゆっくり、彼の思うまま、歩きました。


公園に着いて

4ヶ月前までは、一人であがっても怖くて降りてこられなかったこの階段も
今日はもう一人で降りてこられました。
こんなところにも私の気がつかない成長が。
s-DSCF4159.jpg


確実に成長しているのですね、こどもって・・・。


今日はまた格別に寒い日でした。
寒くてブルブルしていたチャイに
『大丈夫?寒いの?』って言ってあげて、むすこちゃん
とむすこに言ったら

s-DSCF4168.jpg

ちゃんと言ってくれました。




お家に帰って晩御飯。

今日はむすこの大好きなしいたけレンコン大根を一緒に煮た豚の角煮です。

そうです。彼はちょっと変わった2歳で
他にもごぼうとかもやしとかたまねぎとか大好きです。

s-DSCF4195.jpg

チャイは豚を狙っています。


むすこはあと青汁も好きです。

s-DSCF4199.jpg

0歳のときから飲ませていたからか、お水より好む時もあります。

s-DSCF4200.jpg

私が見ても、こんなのよく飲むわと思ってしまうほどです。
与えておいてなんですが。


食後のデザートのかぼちゃのプリン、最後にカップについた残りは
チャイに舐めさせてあげるのが彼の楽しみです。

s-DSCF4202.jpg

嬉しくてカップの底まで鼻を入れて、顔中かぼちゃで大変です。

s-DSCF4203.jpg




こどものためにどうするのが一番いいんだろう、っていつも思います。
その答えを出すのはとても難しいです。

考えて考えて、わかる時とそうでない時があります。

でも、答えなんてやっぱり無いんですよね。



保育園にやっているとかやっていないとか
一緒にいる時間が少ないとか多いとか
厳しいとか甘いとか

こどもを取り巻く環境よりも、どれだけ子供を想っているか

結局はその親の気持ちなんだろうなぁ

と思います。

いつか、その親の気持ちは、必ず子供に通じると思うので・・・。




子供のために色々考えて、悩んで、結果それが違ったとしても

それは立派な親の愛情だと思います。


だから、そうやって私も頑張っていこう

そう改めて思った、むすこの朝の涙でした。

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

スポンサーサイト

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://atsunao.blog74.fc2.com/tb.php/299-b428696d

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。