スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

意識して余裕を 

今朝のむすこ とっっってもご機嫌で
嫌がらずに通園できました。



わたしちょっと気がついたのですが

もしかしたら、もっともっと意識して

ゆっくり、もう少し適当に、1秒1秒を楽しむ感じで

そうやってむすこにも、接してやればいいのかも




私は性格上、何でもテキパキやらないと気がすまなくて

それを2歳のむすこにも同じように求めていたところがありました。

自覚はあったけど、別にそれでいいと思っていたし

ダラダラする時ももちろんあるけど、でもそれはダラダラするという目的のもと

普段の基本動作はテキパキしたいと思っているため

しょっちゅうむすこの中途半端な行動が私をイライラさせていました。



わかってはいたんです。

子供は寄り道するのが大好きだし、道だけでなく物事すべて
目的にたどり着くまでに何度も他のことに目が行くし
ご飯食べていても、遊んでいても、洋服を着ようとしても
だらだらだらだら、注意してもふざけているし
こっちは早くすませて違うことがしたい。
頭の中ではその先の先の先のことまで計画があるのに
ちっともスムーズにいかない。
仕方のないことで計画が変わっていくのは許せるけど
この子がふざけていることで影響が出ているのがどうも許せない。

もうちょっとちゃんとやってくれればこんなにイライラしないのに・・・!



もしかしたら、ここ数日、私のこんな思いが彼に通じていたのかもしれません。


だから彼は少し寂しかったのかも。

ママともっと遊びたいのに。
ふざけたいのに・・・って。

だからその寂しさから、なんとなくママと離れたくなくって
大丈夫だった保育園にも行きたくなくなっちゃったのかも・・・


ふと、そう思いました。


だからあえて昨日、ゆっくり、適当にやる時間を作って過ごしてみたのですが

それが正解だったのか、今日はとっても元気に保育園に行きました。


そしてまた送り出すとき

『むすこちゃん、今日も早くお迎え来るからね。昨日みたいにまた公園行こうね

と、ちゃんとあなたを見ている、あなたには私がいる
と気持ちを込めて言葉をかけたら、むすこは安心したようで
先生とお友達のところに元気に走っていきました。


こどもは大人が思っている以上に
とっても深く、相手の感情を受け止めるのかもしれません。


こどもの涙を見てそれに気づくなんて、親としてちょっとダメかも・・・。

でも、こっちだって人間だし、親になったのだって最近だし
こうやってささやかなことで立ち止まって考えて、それで何かに気づけば
良いのですよね。

それが育自ってやつですものね。




だから、今日も、テキパキママをあえて止めて
ちょっとダラダラモードに切り替えてみました。




こんなどうでもいいことが気になるなんて
それが子供だってわかってはいたけれど
やっぱりこれって、好奇心の塊だからなんですね。

話している時にもすかさず、空を飛ぶ鳥や、飛行機、サイレンを鳴らして走る救急車
小さく鋭いアンテナをいくつも張り巡らせて、日常を楽しんでいます。


こんな穴も気になるのね。


あ、でんでんむちむち、いるよ~ (いません)
s-DSCF4215.jpg


らいおんさん、こんにちは~ (マンションの住人のかた、失礼します)
s-DSCF4219.jpg


これ、でんち入ってないの~?
s-DSCF4220.jpg


とどかな~い
s-DSCF4224.jpg


ころんでも、血が出てなければ助けません。

がんばれ~
s-DSCF4216.jpg


今日も公園に連れて行ってやろうとして歩いていたら
途中で気が変わって違う公園に行こうと言い出したむすこ。
向きを変え違う公園に歩き出し、あと5mで着くといったとき
きゅうにまた『さっきの公園に行く』と。

・・・こういうのも私はイラッときちゃうんです。
もう、なんなのこの子は!!

でもさっきの公園はもう遠くて今から行くのは無理だと説明。

ゴニョゴニョしているので、もう家に帰ることに。

・・でも、子供はそういう生き物そういう生き物・・・と必死で心の中で唱え
家に帰った私は、気分を入れ替えるために、先にお風呂に入ることを提案しました。


そう!イライラしているときには気分を変えるしかない!


・・で、今日はお風呂を先にして、そのあとちょうどお腹も空いたむすこは
良い具合にバクバクご飯を食べてくれました。


今日のメニューは

ひじきごはん
s-DSCF4236.jpg

いつもよりお腹が空いていたのか、ものすごい勢いで食べてます。

s-DSCF4239.jpg



鶏肉とネギ炒め
s-DSCF4240.jpg

塩コショウとお醤油で味をつけただけのシンプルなものですが
このネギが美味しかったらしく、いくつもいくつも食べました。
お肉はまだ食べないので、ネギはほとんど取られ、お肉の処理は私が。


これ、なんだと思いますか?

s-DSCF4233.jpg

もずくです。

大好きなんです。

なんでしょ、この子は・・・。まぁ体には良いですが。



そして永遠に食べ続けていたのが
s-DSCF4241.jpg

小松菜とお豆腐を、醤油・砂糖・酒で味をつけたもの。

むすこは小松菜も好きです。

普通子供が嫌うもの、ほとんどむすこは好きで喜んで食べてます。

s-DSCF4248.jpg


なぜでしょう・・・。
妊娠時代、ジャンクフードばかり食べていたせいでしょうか。
生まれてくる子供の食の好みは、妊婦の好みに反する、って
これを見る限りは本当のようですね。
だってそれしか考えられません。



チャイも毎日こうやってそばに来て、おこぼれを期待します。

s-DSCF4250.jpg

こうやって脅迫じみたこともします。

じーーーーーーーっ
s-DSCF4252.jpg




今回のことで、ほんと、つくづく思います。

ママは余裕を持つべきですね。

でないと、子供に優しくできません。

余裕を持って子供を見ないと、お互いに苦しくなってしまいますね。

それはもったいないことなんだろうと思います。


私は34年間こういう性格で生きてきたので
わかっていてもすぐに直すことができません。

でも、それが自分たちのためだと思って
出来る限り、心を広く持って、あんまり一生懸命にならず



それが私の子育ての課題かもしれません。


頑張ります

*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:*・゜゚・*:.:

↑参加してます。応援ポチッとひとつお願いします。

にほんブログ村 子育てブログ 幼児育児へ
↑沢山の方に見ていただきたく、お手数ですがこちらにも是非応援お願いします。

スポンサーサイト

Comments

こんにちは。私もなおさんと同じで、なんでもさっさとやらないと気が済まない性格。
朝幼稚園に送り出すまでの時間は無意識に『早く~』を連呼。でも長女から『お母さんは早くっていつも言うよね!』と言われ、ハッとしました。
娘たちが赤ちゃん時代は、ハイハイから最初の一歩が出るまでの間はこんな私でも温かく見守ったはずなのに。

私も毎日余裕をもって過ごそうと心がけています。

ayui さま♪

そういわれると確かにそうですよね。赤ちゃんのときはあんなにゆっくりと時間が流れていたのに・・。
忙しくなっていくのは仕方ないことですけれど、なるべく意識して、余裕を作り出さないと、今の時代難しいのかもしれませんね、やっぱり。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://atsunao.blog74.fc2.com/tb.php/300-5bcd4066

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。